pebbleの検索結果:20件ヒットしました
検索ページに戻る
更新時刻:2017.12.07 12:30
※このページは定期的に更新されアドレスが変更されてしまうのでリンク不可です
2017.11.22:2017年の物欲その61:Pebble timeに使える交換用皮ベルト(22mmサイズ)
2017.04.10:Pebbleの代わりになる素敵なスマートウォッチ5つ
2017.02.15:Amazon.comで素敵なシルバー/レッドのPebble Time Roundが90ドル+日本への送料6ドル(涙)
2017.01.16:Pebbleファンに光明かも? Fitbitがまたもや別のスマートウォッチメーカーを買収
2016.12.16:Fitbitが買収のPebble、2017年もサポート継続を発表。クラウドに頼らず使い続けられるよう開発者が奮闘中
2016.12.07:素晴らしいスマートウォッチを作っていたPebbleが終了っぽい。Pebble Time 2、Pebble Coreはキャンセルされ、返金
2016.12.01:FitbitがPebbleを買収するとの噂
2016.10.15:2015年の物欲その14「スマートウォッチPebble Time」購入して1年〜ソフトウェアアップデートでどんどん便利に
2016.10.13:米AmazonでPebble Time RoundのSilverが約半額の$114で販売中 日本への発送もOK
2016.05.25:Pebble、新型スマートウォッチ「Pebble 2」「Pebble Time 2」を発表
2016.05.25:Pebble、「Pebble Core」を発表、3G搭載のAndroid搭載のプログラム可能ボタン型端末
2016.05.23:Pebbleが5月24日に新型スマートウォッチを発売か?
2016.01.28:2015年の物欲その14「Pebble Time」レビューその4(購入して1ヶ月半)Compassアプリなど、ワイモバイルのスマホで使う場合の問題点
2016.01.04:2015年の物欲その14「Pebble Time」レビューその3(購入して2週間ぐらい)。ヘルス機能と「Get Back To」アプリ
2015.12.23:2015年の物欲その14:スマートウォッチPebble Time、これはいいものだ
2015.09.24:Pebbleなのにオシャレだと?円形ボディーのPebble Time Roundが11月8日に250ドルで発売開始
2015.09.14:カラー電子ペーパーディスプレイのPebble Timeの実機動画。バッテリーは丸4日間OK
2015.06.07:「Pebble Time」実機動画レビュー
2015.05.26:カラー電子ペーパーディスプレイのPebble Timeには「スマートストラップ(Pebble Strap)」が付くらしい
2015.05.25:カラー電子ペーパーディスプレイでバッテリーが1週間持続するスマートウォッチ「Pebble Time」出荷開始。99ドル日本への送料無料

2017.11.22(腕時計型端末(watch)の115)

2017年の物欲その61:Pebble timeに使える交換用皮ベルト(22mmサイズ)↑BTW



手持ちのスマートウォッチPebble Timeのベルトがまたブチ切れたので交換用のベルトを購入しました。シリコン(?)製はやめて皮ベルトに。購入したのは↓

Pebble用とは書いてないけど、22mmってサイズを買えば普通の腕時計用のバンドも使えるんだね。12色選べましたが紺色を選択。良いクオリティと思います。




前回購入したやつ↓半年持ちませんでした。

   コメント書き込み・記事単独表示



2017.04.10(腕時計型端末(watch)の98)

Pebbleの代わりになる素敵なスマートウォッチ5つ↑BTW

どれも高いんだよね。今のPebbleでやりたいことは全て出来ているし、販売終了する前にもう1個買っておくことを真剣に考えている。。。。

   コメント書き込み・記事単独表示



2017.02.15(★物欲の神様♪(iwant)の2086)

Amazon.comで素敵なシルバー/レッドのPebble Time Roundが90ドル+日本への送料6ドル(涙)↑BTW

あぁ、Pebbleちゃん、何で死んでしまったん?

   コメント書き込み・記事単独表示



2017.01.16(腕時計型端末(watch)の91)

Pebbleファンに光明かも? Fitbitがまたもや別のスマートウォッチメーカーを買収
Fitbit may want to become major smart-watch maker more seriously.↑BTW

最近、寒いせいだと良いんだけど、Pebble Timeのバッテリーの持ち悪い。「夜までに充電してね(Chrged till tonight)」と出てから夜まで持たないことも。

   コメント書き込み・記事単独表示



2016.12.16(腕時計型端末(watch)の88)

Fitbitが買収のPebble、2017年もサポート継続を発表。クラウドに頼らず使い続けられるよう開発者が奮闘中↑BTW

とりあえず2017年は使い続けることが可能で、2018年以降にクラウド側のサービスが停止した後も使い続けられるようにアプリ改造中らしい。

なんかムカつくから、Pebbleの後はFitbit以外のスマートウォッチを選ぶよ。

   コメント書き込み・記事単独表示



2016.12.07(腕時計型端末(watch)の84)

素晴らしいスマートウォッチを作っていたPebbleが終了っぽい。Pebble Time 2、Pebble Coreはキャンセルされ、返金↑BTW

無念。

Fitbit Blazeとかが次の候補になるかな?

   コメント書き込み・記事単独表示



2016.12.01(腕時計型端末(watch)の83)

FitbitがPebbleを買収するとの噂↑BTW

なんですとー、Pebbleブランド廃止との話もあるみたい。
Pebble Time 2は出たら買おうと思っていたんだけどなぁ。。。。。

知らなかったのですが2015年にシチズンが買収しようとしていたらしい。残念。

   コメント書き込み・記事単独表示



2016.10.15(腕時計型端末(watch)の76)

2015年の物欲その14「スマートウォッチPebble Time」購入して1年〜ソフトウェアアップデートでどんどん便利に↑BTW



スマートウォッチPebble Timeを購入して1年経過しました。過去にも何度か紹介しています↓

 この1年間におそらく4回以上スマートウォッチのファームウェアと、スマホの連動アプリのアップデートがありどんどん便利に、表示も洗練されています。1年間毎日寝ている間も装着していますが(睡眠分析&目覚ましにも使っているため)バッテリーは微妙に短くなったかな?電池が減ってくると「今日中に充電してね(Charged till tonight)」みたいなメッセージが出て教えてくれて充電するというサイクルです。およそ3〜4日おきに充電している感じ。

 何気に便利なのがスマホと離れると(Bluetooth接続が切れると)震えて教えてくれる機能。この1年間にこの機能で2回ぐらいスマホ置き忘れを回避できました。あとは振動で教えてくれる目覚まし機能が良い感じです。最近、横に魔の3歳児が寝ている状況で5時に起きて趣味に時間を費やしているのですが自分だけ起きることが出来ます。

↓最近気に入っているアプリ「Get Back to」。いわゆる場所ブックマークです。コインパーキングに駐車した時に場所を記憶させると下記写真のように記憶させた場所までの方角と距離をリアルタイム表示してくれます。Pebble Time自体にはGPSは搭載しておりませんのでスマホのGPS情報を使っています。


元からある機能ですが睡眠時間分析、歩数分析などもスマホ側で綺麗に表示出来るようになりました。
↓睡眠状況詳細表示、6時間48分寝て、深い睡眠は3時間30分とのこと。

↓1週間の睡眠時間統計、やはり土日の睡眠時間が長いです。平均睡眠時間7時間36分というお子様ぶりw

↓1日の活動状況です。

↓1週間の活動状況。


時計にはボタンが4つあり、3つのショートカット(長押し)アプリ起動を仕込めますが、長い間、「ストップウォッチ(Stopwatch)」「電子コンパス(Compass)」「地図表示アプリ(Mini Map)」にしています。地図表示は白黒表示だし、画面も小さいのであまり役立ったことはありません。スマホつねに携帯しているし。Watchfaceはずっと「Modaine」を使っています。

お勧めアプリあったら教えてください。新しい光学心拍測定機能搭載のPebble Time 2を買いたい気分。

もうすぐPebble Time 2が出ますが、このPebble Timeはすっかり安くなり日本への送料入れても1万円以下でAmazon.comから購入出来ます。スマートウォッチ初めての人には、これからでもこのPebble Timeを買うのはアリかと思います。
たくさんの人がこのスマートウォッチに気が付いて「それApple Watch?」と聞いてきます。毎回、Appleを罵倒していますw。

   コメント書き込み・記事単独表示



2016.10.13(腕時計型端末(watch)の75)

米AmazonでPebble Time RoundのSilverが約半額の$114で販売中 日本への発送もOK↑BTW

本体薄くてデザイン最強との噂ですが、バッテリーの持ちがなぁ。

Pebble Timeに不満は無いけど気に入っているがゆえにPebble Time2が欲しい今日この頃

   コメント書き込み・記事単独表示



2016.05.25(腕時計型端末(watch)の69)

Pebble、新型スマートウォッチ「Pebble 2」「Pebble Time 2」を発表↑BTW

Pebble 2は心拍センサー追加、Pebble Time 2は本体サイズ変わらず画面が大型化。どちらもバッテリー持続時間は変わらない感じ。

   コメント書き込み・記事単独表示



2016.05.25(Android・Google(android)の604)

Pebble、「Pebble Core」を発表、3G搭載のAndroid搭載のプログラム可能ボタン型端末↑BTW

値段が69ドルと安い!

   コメント書き込み・記事単独表示



2016.05.23(腕時計型端末(watch)の68)

Pebbleが5月24日に新型スマートウォッチを発売か?↑BTW

もうPebble Timeが気に入ってしょうがない今日この頃。でも何度も言うけど睡眠時も装着し睡眠トラッキングまでするならやはり5日間のバッテリーは必要だね。

   コメント書き込み・記事単独表示



2016.01.28(商品購入レビュー(get)の130)

2015年の物欲その14「Pebble Time」レビューその4(購入して1ヶ月半)Compassアプリなど、ワイモバイルのスマホで使う場合の問題点↑BTW

便利に使ってます。寝ている時も付けっぱなしで睡眠時間をモニター出来るのが良い。睡眠時間が1日6時間半を下回らないように心がけています。スポーツクラブの時もつけたままで1日1万歩を下回らないように心がけ中。

充電頻度は5日ぐらい持つけど4日間隔ぐらい。4つあるボタンに2つのアプリを長押しショートカットとして登録出来ますが、よく使用する「ストップウォッチ」と「コンパス」を登録しています。

↓最近設定しているWatchFaceはTitanってやつ。この写真では分かりにくいですがバッテリー残量も表示されています。


↓GoProアプリもありますが、プレビューは出来ず、設定やシャッターのオンオフ、動画撮影のオンオフを切り替えられる程度。


↓けっこう使うコンパスアプリの動画。水平に置いた場合と垂直に置いた場合で表示が変わります。


 ワイモバイルのAQUOS CRISTAL Yで使ってますが、一つ問題があって、Gmailや番号で届くSMSはPeblle Timeに通知が来て大変便利なのですが、pdx.ne.jpなどのキャリアアドレスが受信した場合に通知してくれません。SMSとキャリアアドレスのメールアプリは同じはずなのですが・・・・・

あと、一度だけPebble Timeに通知が来た時にバイブが動作しなくなりました。この不具合は知られている不具合みたいで時計をファクトリーリセットすることで回復させました。

   コメント書き込み・記事単独表示



2016.01.04(商品購入レビュー(get)の124)

2015年の物欲その14「Pebble Time」レビューその3(購入して2週間ぐらい)。ヘルス機能と「Get Back To」アプリ↑BTW

いやぁ、マジでいいものだ。みんな買うといいよー。
下記の写真はくっきり液晶に見えますが、「反射液晶」なので通常の液晶とは異なり、明るい場所でほど綺麗に画面が見えて、暗い場所ほど画面が見えにくくなります(ボタンを押してバックライトを点灯する事も可能)

↓現在のウォッチフェイス

↓万歩計機能(年末年始はデブ防止に1日おきに走っていました)細いバーは前の週です。

↓睡眠時間。なぜか右肩あがりw。細いバーは前の週です。


↓「Get Back To」ってアプリ。時計のみの操作で利用するアプリです。スマホのGPS情報を利用して。時計のボタンを押して「この場所」って指定すると、記録した場所までの方角と距離を指定します。




ほかにRuntasticというランニングアプリを使って走っている時は、距離、速度、時間が時計に表示されます。なぜかランニング中にバックライトが点灯しっぱなしになって夜間のランニング時に交通安全に良い感じなんだけど電池が無くなりそう。

いや〜、いいものだ。やはりバッテリーが長持ちするPebble Timeを選んで正解だったと思います。現在週に1回弱充電中。

   コメント書き込み・記事単独表示



2015.12.23(商品購入レビュー(get)の123)

2015年の物欲その14:スマートウォッチPebble Time、これはいいものだ↑BTW



Amazon.comで購入。130ドル(16000円)+送料800円ぐらい、輸入税Deposit4000円(たぶん大部分は戻ってくる)。

参考に、日本のAmazonだと並行輸入品が22000円ぐらい俺はAmazon.comで注文してから10日ぐらいで到着。まだ電源入れて3時間だけど、これが1週間バッテリー持つなら超実用的。スマホ持っている人はスマートウォッチ併用しないともったいないよ!とか使用3時間でほざいてみる!

  • 基本的に画面は点灯しっぱなしタイプのスマートウォッチ、ただし基本は「反射液晶」で、暗いところだとバックライトを併用。
  • スマホと連動して初めて動作する。ペアリング前は動作しない。
  • 公式には日本語対応していないので、個人の作った「言語パック」をスマホ側からインストールする必要がある。これは今や怪しい作業ではなく、公式ファームウェアも個人作成の言語パックに関する問題に対応していたりする。これをやらないと届いたLINEのメッセージやら、カレンダーの日本語やらが□□□みたいな表示になって使いものにならない。
  • 起動直後から設定無しにFacebook、Gmail、LINE、電話着信など通知が来るようになっており既に便利。
  • 本体は30m防水
  • タッチパネルではありません。左1つ、右3つあるボタンで操作。これでいいかもねぇ。
これ、最近、24時間のフィットネス追跡が可能になったり、睡眠分析が可能になったりしたらしいし、アプリ追加したりも出来るらしいし、これからいじるのが楽しみでしょうがない。

お勧めの使い方あったら教えてください。


↓こんな袋で佐川が届けてくれました。

↓中身のパッケージ

↓ここ10年ぐらい使っている初代(?)カシオ・プロトレックとの比較

↓スマホとペアリングする前の状態。時刻すら表示されない。

↓充電はマグネット吸着式の独自タイプ。

↓ペアリングしたところ。


見た目はPebble Time Roundが良かったけどバッテリーの持ちが半分以下とのことで却下。

以下、日本語言語パックインストール参考

   コメント書き込み・記事単独表示



2015.09.24(腕時計型端末(watch)の55)

Pebbleなのにオシャレだと?円形ボディーのPebble Time Roundが11月8日に250ドルで発売開始↑BTW

超小型にするためにバッテリーが2日しか持たなくなっているのは激しく残念。大きくてバッテリーが長く持って丸いやつが欲しかった。

   コメント書き込み・記事単独表示



2015.09.14(腕時計型端末(watch)の54)

カラー電子ペーパーディスプレイのPebble Timeの実機動画。バッテリーは丸4日間OK↑BTW

カラー電子ペーパーは超実用的じゃないか!この動きは一見の価値ありっすよ

日本から入手するとamazon.comが日本に発送してくれて200ドル(25000円)送料無料で購入可能(2000円ぐらいのデポジットあり)
日本語で購入するなら3万円ぐらい

   コメント書き込み・記事単独表示



2015.06.07(腕時計型端末(watch)の44)

「Pebble Time」実機動画レビュー↑BTW

   コメント書き込み・記事単独表示



2015.05.26(腕時計型端末(watch)の42)

カラー電子ペーパーディスプレイのPebble Timeには「スマートストラップ(Pebble Strap)」が付くらしい↑BTW

好きなハードウェアを搭載出来るそうです。
何コレ!!!めちゃ面白そうなんだけど。

   コメント書き込み・記事単独表示



2015.05.25(腕時計型端末(watch)の40)

カラー電子ペーパーディスプレイでバッテリーが1週間持続するスマートウォッチ「Pebble Time」出荷開始。99ドル日本への送料無料↑BTW

欲しくなる実機の動画紹介は↓

 Keyword:Pebble/76
   コメント書き込み・記事単独表示




検索終了
更新時刻:2017.12.07 12:30