file://の検索結果:2件ヒットしました
検索ページに戻る
更新時刻:2017.09.14 09:56
※このページは定期的に更新されアドレスが変更されてしまうのでリンク不可です
2008.04.23:ファイルへの文字列書き込みに成功
2017.09.06:Windows7でネットワーク上の実行ファイルを警告無しで実行する方法、そのファイルをタスクとして実行する方法

2008.04.23(WX330K用Javaアプリの作り方のお勉強(java)の12)

ファイルへの文字列書き込みに成功

ソースはここ、インストールはここ

始めにいろいろ教えてくださった皆様、本当にありがとうございました。色々勘違いしていたみたいでダミーライブラリは必要ありませんでした。以下、個人的メモ

  • ターゲットプラットフォームはJTWI構成CLDC1.1でOK、その他のAPIの「PDA Profile for J2ME(JSR 75)」を選択するのが必要。
  • FileConnectionを使うのにimport javax.microedition.io.file.FileConnection;が必要
  • Connectorを使うのにimport javax.microedition.io.Connector;が必要
  • OutputStreamを使うのにimport java.io.*;が必要
  • 意味は色々分からないが、リンク先のソースコードでSDメモリのトップにtest.txtを作ることが出来る。ファイル場所の記述方法注意。試していないが、本体メモリ部分としてphoto/とdata/がアクセス出来そう。ただし他の機種では違いそうな予感。file://test.txtとかfile:/test.txtとかアプリ位置からの相対アドレス指定を試みたが使えなかった。
  • このコードはすでにtest.txtが存在する時はうまく動かない。スロー?されてしまうようだ
  • write()の中身の書き方の意味はいまいち分からないが、こう書けばOKのようだ、"aaaa".getBytes()も可能だった。ただしこの行を2つ書くことは出来なかった。
参考


2017.09.06((windows)の571)

Windows7でネットワーク上の実行ファイルを警告無しで実行する方法、そのファイルをタスクとして実行する方法↑BTW

あ〜、無駄な時間を費やした、なんでこんなクソ仕様なんだ。

ネットワーク上の実行ファイルを警告無しで実行するための設定はなんとインターネットエクスプローラー内にありました。

オプション→セキュリティ→イントラネット→詳細、「このWebサイトをゾーンに追加する」にfile://\\xxx\\形式で追記する。
さらに、実行ファイルをタスクとして実行する時、実行ファイルに関連ファイルが必要な場合は実行場所を設定しないといけませんが方法がクソ過ぎて謎解き冒険バラエティレベル
「開始(オプション)」と書かれた部分に実行フォルダを入力する。たとえば、ネットワーク上の場合は「\\xxxx/yyy」って感じ。
個人的メモ

   コメント書き込み・記事単独表示




検索終了
更新時刻:2017.09.14 09:56