宇宙 科学・技術 TW↑B(1ページ目/4)(1234・)
 
 
 

■■■記事一覧(コメント数)■■■
2017/02/13この市場調査報告書のタイトルが投げやりすぎる!
2017/01/31民間月面着陸競走、GoogleのLunar XPrizeが山場へ―日本のHAKUTOもファイナリスト /1
2017/01/26日本の無人補給船こうのとりが宇宙ゴミ除去へ初の実験、方法が面白い
2017/01/24「宇宙で死ぬ」ということは現代の人類にとってどんな意味を持つことになるのか?
2017/01/11NASA、木星トロヤ群と金属の小惑星に探査機打ち上げへ、日本が逃す一番乗りと小惑星資源
2017/01/10「趣味は宇宙開発」と言い切るサラリーマン集団、小型人工衛星打ち上げに挑む。 /2
2016/12/16ANAら、15年後に100万円台の宇宙旅行目指し、新型エンジンの開発に着手 /3
2016/12/14政府、宇宙計画工程表改訂版を決定 /4
2016/11/13ナショジオで11月15日からドキュメンタリードラマ「マーズ 火星移住計画」第1話放送、全6話 /1
2016/11/09「EMドライブ」が実際に動作することをNASAも確認していたと判明、1kWあたり1.2ミリニュートン /9
2016/10/06民間企業の宇宙レース激化―ボーイングCEOが「SpaceXより先に火星に着く」と宣言 /5
2016/09/29イーロン・マスク氏が火星への移住計画を発表、言及した具体的な数値 /18
2016/09/20Amazon設立者のブルー・オリジン社、超大型ロケット「ニュー・グレン」を発表、 /3
2016/09/09EMドライブを近々宇宙で試す計画あり /3
2016/08/3095光年離れた恒星系からの「強い信号」検知 地球外文明発見の期待高まる /2
2016/08/29月面目指す「au×HAKUTO」、ローバーのデザインが決定、なぜかセガサターンのチップ使用 /34
2016/08/25光速の20%の速さで飛ぶ小型探査機計画「ブレイクスルー・スターショット」が直面せざるを得ない危険とは? /3
2016/08/25地球からわずか4光年のところに液体の水が存在する可能性のある惑星発見 /4
2016/08/17東レ、イーロンマスク氏の宇宙ベンチャー「スペースX」に2000億円のカーボンファイバー供給契約 /4
2016/06/232度目の重力波観測に成功、何が分かったか。 /1
2016/06/16重力波の2回目の観測に成功 /1
2016/06/05付箋サイズの恒星探査プロジェクトが続々 /5
2016/06/03テスラ、スペースX社のイーロンマスク氏、2024年にNASAに先駆け火星に人を送る構想を発表 /1
2016/05/29アメリカ、NASAに光速の10%可能な恒星間探査機の予算
2016/05/29「天体観測を始めるにはどんな望遠鏡がいいのか?」と悩んでいる人への初心者向け「望遠鏡ガイド」 /2
2016/05/17宇宙人が2進法の暗号で地球に信号を送ってきたら解読出来るかコンテスト /1
2016/05/16人間は宇宙のどこまで到達できるのか?アニメーションでわかりやすく解説 /13
2016/04/21常識破りの推進装置「EMドライブ」の最新情報 /1
2016/04/13NASA研究者が見出した「EM drive」の研究がもうすぐ査読付き論文化 /2
2016/04/13これはワクワク!最も近い恒星「アルファケンタウリ(4.4光年)」に約20年で到達する宇宙船「Nanocraft」構想、費用はたった108億円 /25
2016/04/12ついに宇宙ホテルが2020年に打ち上げへ、1人の滞在時間は30日〜45日を想定 /4
2016/03/28X線天文衛星「ひとみ」通信途絶える 米戦略軍統合宇宙運用センターの情報では5つに分離した状態とのこと /11
2016/03/05国際宇宙ステーションISSに設置されたWebカメラの映像をリアルタイムで視聴可能720pまで /2
2016/03/02最も明るい星として見える人工衛星打ち上げプロジェクト「Mayak」がクラウドファウンディングで資金調達成功 /1
2016/02/23一般相対性理論が破綻?シミュレーションによるブラックホール解析で特異点がむき出しになる現象。宇宙検閲官仮説が破綻 /1
2016/02/03宇宙最期の日まで輝く人類移住の希望の星「赤色矮星」が理解できるアニメーション /3
2016/02/03キノコとコケで火星をテラフォーミング可能かも!、0.01気圧、二酸化炭素100%でも生存可能 /3
2016/02/01中国が月面のフルカラー高解像度写真を一挙公開 /3
2016/01/26イーロン・マスク氏、2040年には1人50万ドルで火星移住可能と予想 /4
2016/01/19米スペースX社が衛星投入成功するもロケット着陸失敗の動画 /1
2015/12/24火星が地球から独立していなければならない理由 /1
2015/12/22イーロンマスク氏率いるSpaceXが垂直打ち上げしたロケットの切り離し部分の着陸についに成功 /1
2015/12/15デジタル一眼と望遠鏡を制御して天体観測出来るWindows用ソフト「ステラショット1.2」 /1
2015/12/06iPhone6sで月面が撮れる組み立て式天体望遠鏡「スマホ天体望遠鏡PANDA」 /2
2015/12/03本日「はやぶさ2」が地球へ再接近してスイングバイ。小惑星への長い旅へ /1
2015/11/23空を見上げて人工衛星を探すのに便利なサイト /6
2015/09/18Amazonも宇宙開発に乗り出す。宇宙開発関連子会社設立 /5
2015/09/16土星の衛星エンケラドスが海に覆われていることが判明→地球外生命体の可能性高まる /27
2015/08/10人類史上初の「宇宙ポルノ」企画 クラウドファンディングで資金調達失敗 /5
2015/07/21地球外文明を探す過去最大規模のプロジェクトが発足、予算100億円、Facebook CEOなど後援 /8



2017/02/13

この市場調査報告書のタイトルが投げやりすぎる!

あ、定義有ったw
ミニ衛星が100〜500kg、マイクロ衛星が10〜100kg、ナノ衛星が1〜10kg、ピコ衛星が100g〜1kg、フェムト衛星が100g以下らしい。

確かに用途、機能的に名前を変えても良い気もする。しかし小さい衛星は観測不能だし宇宙ゴミ的にやっかいだなぁ。

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示

2017/01/31

民間月面着陸競走、GoogleのLunar XPrizeが山場へ―日本のHAKUTOもファイナリスト

5チームが「ロケット打ち上げ計画が認められた」としてファイナリストにエントリーされています。ただし、そのうち2チームは実際に飛行経験の無いロケットを使う予定だとか、

日本からファイナリストに入ったチーム「HAKUTO」はインド政府系のロケットを使うとのことです。
技術者には「はやぶさ」の開発スタッフであった東北大の教授も

なんかどこのチームも月面走行車の技術紹介ばかりだけど、月に行って、着陸する部分ってのはもう課題じゃないんだろうか?

↑BTW
 Keyword:Google/160
   コメント書き込み・記事単独表示(1〜)

2017/01/26

日本の無人補給船こうのとりが宇宙ゴミ除去へ初の実験、方法が面白い

デブリに導電性のヒモを結びつけるだけらしい。これにより地球との間の電磁気反応で速度を弱める力が働き、落下するとのこと。

この実験に、中国あたりが抗議したら面白いなw

↑BTW
 Keyword:中国/172
   コメント書き込み・記事単独表示

2017/01/24

「宇宙で死ぬ」ということは現代の人類にとってどんな意味を持つことになるのか?

なかなか面白かった。

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示

2017/01/11

NASA、木星トロヤ群と金属の小惑星に探査機打ち上げへ、日本が逃す一番乗りと小惑星資源

↑BTW
 Keyword:NASA/17
   コメント書き込み・記事単独表示

2017/01/10

「趣味は宇宙開発」と言い切るサラリーマン集団、小型人工衛星打ち上げに挑む。

あら素敵!

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(2〜)

2016/12/16

ANAら、15年後に100万円台の宇宙旅行目指し、新型エンジンの開発に着手

ANAとHISが名古屋の「PDエアロスペース」という会社に出資。ANAもHISもエンジンの開発が出来るわけではないと思うがどうやって開発するのかな?HISが3000万、ANAが2000万出資したってだけの話なので経営的意思表示で、具体的な道筋はこれからかね。

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(3〜)

2016/12/14

政府、宇宙計画工程表改訂版を決定

斜め読みすると
  • 準天頂衛星7機胎生の確立
  • H3ロケットの詳細設計フェーズに移行
  • 高度化完了したイプシロンロケット初号機打ち上げ
  • 宇宙情況把握に関し、米国戦略軍と連携強化に係る協議実施
  • 火星衛星からのサンプルリターンについて検討開始
  • 小型月着陸実証機を選定
  • 早期警戒に関して、衛星搭載型2波長赤外線センサーの研究に着手
みたいな感じ。

↑BTW
 Keyword:センサー/77
   コメント書き込み・記事単独表示(4〜)

2016/11/13

ナショジオで11月15日からドキュメンタリードラマ「マーズ 火星移住計画」第1話放送、全6話

リンク先で33分間のプロローグ動画が見れます。

トランプ新大統領は、科学観測とかより、有人宇宙計画に力を入れると言われているらしい。

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(1〜)

2016/11/09

「EMドライブ」が実際に動作することをNASAも確認していたと判明、1kWあたり1.2ミリニュートン

ガリレオに搭載されていた原子力電池の重量が60kgで出力300Wらしいから、これ載せて100kgの探査機作ったとして、適当に計算すると歩く速さの5km/hに到達するのが静止状態から100時間後、光速の10%に到達するのが25万年後。う〜ん。1万倍ぐらいはパワーアップしたいところ。電力100倍、効率100倍出来たら、光速の10%まで25年か。う〜ん。

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(9〜)

2016/10/06

民間企業の宇宙レース激化―ボーイングCEOが「SpaceXより先に火星に着く」と宣言

2030年代後半に有人探査する計画。費用は6兆円とのこと。

2030年後半ってあと10年ちょっとでびっくりした。
月日が経つのは早いなあ

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(5〜)

2016/09/29

イーロン・マスク氏が火星への移住計画を発表、言及した具体的な数値

  • 火星に100万人送り込む
  • 今後数年間で10兆円必要
  • 10年以内に火星に向かって旅立てる。
  • 予想コストは1人あたり2000万円以下に下がる可能性がある。
  • 火星便は惑星の位置関係で26ヶ月に1度
  • 火星への所要時間は80日間
  • ロケット1つで100人+荷物
ふと思うんだが、宇宙ステーションで無重力とか、月で低重力で地球を眺めるとかなら良いんだけど、火星って行きたいと思わない(^^;

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(18〜)

2016/09/20

Amazon設立者のブルー・オリジン社、超大型ロケット「ニュー・グレン」を発表、

「ニュー・グレン」はアポロ計画で使われた史上最大のロケットのひとつである「サターンV」に匹敵するような巨大ロケットで低軌道に100トン運べるらしい。

人工衛星を打ち上げるには巨大過ぎるんだけど、スペースX社のイーロンマスク氏みたいに火星への人類移住にも興味が無いと言っているそうで、しかし「私たちが掲げる、何百万もの人々が宇宙で暮らし、仕事をする時代を実現するために、ニュー・グレンは非常に重要なステップとなります」と言っているそうで、巨大な宇宙ステーション建設でも企んでいるんじゃないかとのこと。

ホリエモンがソワソワしてるだろうなぁ。メルマガとか小銭稼ぎしてないでデカイこと始めて欲しいぞw。昔みたいに法のギリギリを攻めるのだw

↑BTW
 Keyword:ホリエモン/4
   コメント書き込み・記事単独表示(3〜)

2016/09/09

EMドライブを近々宇宙で試す計画あり

凝集系核融合とは反対に、こちらはどうも胡散臭さが目立ってきたような気がする。

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(3〜)

2016/08/30

95光年離れた恒星系からの「強い信号」検知 地球外文明発見の期待高まる

ロシアの天文学者ニコライ・カルダシェフ(Nikolai Kardashev)氏が提唱した宇宙文明の進歩度を示す尺度を用い、この信号が等方性ビーコンからのものだった場合、地球文明よりもはるかに進歩した「タイプ2」の文明でなければありえない強さだと説明している。一方、もし太陽系だけに向けて送られた狭い信号であれば、地球文明の能力により近い「タイプ1」の文明でも出せる強さ
とのこと。

宇宙文明の進歩度を示す尺度は↓
追記

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(2〜)

2016/08/29

月面目指す「au×HAKUTO」、ローバーのデザインが決定、なぜかセガサターンのチップ使用

来年中に月に向かって打ち上げ予定。

セガサターンのチップを使用www。世代が古くて回線幅が広いので放射線に強く、かつそれなりの計算力もあるらしい。

これどれぐらい生中継出来るのかな?映像無しのテレメトリーだけでも楽しめそう。

↑BTW
 Keyword:KDDI/15 セガ/7
   コメント書き込み・記事単独表示(34〜)

2016/08/25

光速の20%の速さで飛ぶ小型探査機計画「ブレイクスルー・スターショット」が直面せざるを得ない危険とは?

超高速なので星間ガスの原子がぶつかっても0.1mmぐらい凹むらしい。

そのためにもの凄い数の探査機をまとめて飛ばすのでは?↓

↑BTW
 Keyword:アメリカ/138
   コメント書き込み・記事単独表示(3〜)

2016/08/25

地球からわずか4光年のところに液体の水が存在する可能性のある惑星発見

これぐらいなら今の科学の延長上の技術で探査、到達出来そう。

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(4〜)

2016/08/17

東レ、イーロンマスク氏の宇宙ベンチャー「スペースX」に2000億円のカーボンファイバー供給契約

宇宙船の再利用に意味があるのかどうか疑問があるけど、民間企業が宇宙開発の主役になるのは間違いなさそうな流れだなぁ。

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(4〜)

2016/06/23

2度目の重力波観測に成功、何が分かったか。

分かりやすい記事でした。

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(1〜)

2016/06/16

重力波の2回目の観測に成功

オバケがでるぞー

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(1〜)

2016/06/05

付箋サイズの恒星探査プロジェクトが続々

この方向性が容易ってことは、宇宙に超小型宇宙船が飛び交っている可能性あるな。

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(5〜)

2016/06/03

テスラ、スペースX社のイーロンマスク氏、2024年にNASAに先駆け火星に人を送る構想を発表

つか、たいして大成功もしてないのに、その資金力はどこから来るんだ。
アメリカの金余りは深刻だ。ちょっとうらやましい。

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(1〜)

2016/05/29

アメリカ、NASAに光速の10%可能な恒星間探査機の予算

この前紹介したNano探査機絡みらしい↓

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示

2016/05/29

「天体観測を始めるにはどんな望遠鏡がいいのか?」と悩んでいる人への初心者向け「望遠鏡ガイド」

そのうちGoogleが「Googleスカイマップ」とか言って、夜空をリアルタイム配信してスマホで指先一つで拡大縮小出来るサービス始めると予想。

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(2〜)

2016/05/17

宇宙人が2進法の暗号で地球に信号を送ってきたら解読出来るかコンテスト

無圧縮信号っぽいので、専門家でなくても発想力でどうにかなる?

↑BTW
 Keyword:livedoor/68
   コメント書き込み・記事単独表示(1〜)

2016/05/16

人間は宇宙のどこまで到達できるのか?アニメーションでわかりやすく解説

なかなか分かりやすい。そして絶望的なスケールの話だな。科学じゃなく哲学でも語った方が捗りそう。

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(13〜)

2016/04/21

常識破りの推進装置「EMドライブ」の最新情報

リンク先の「燃料なし」とか「半永久的に」とかは誤訳だと思うので(正確には「推進剤無し」かな)の翻訳説明もどこまで正しいか注意が必要ですが色々と新情報が書かれています。

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(1〜)

2016/04/13

NASA研究者が見出した「EM drive」の研究がもうすぐ査読付き論文化

まあ、査読付きかどうかとか真偽の確認には何の意味もないけどね。

以前、興奮して紹介↓したけど
最近ちょっと否定的な気分。流れ的に嘘臭がする。

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(2〜)

2016/04/13

これはワクワク!最も近い恒星「アルファケンタウリ(4.4光年)」に約20年で到達する宇宙船「Nanocraft」構想、費用はたった108億円

指先ほどの超小型ロケットを地球からのレーザー照射で加速する方式。光速の20%(秒速6万キロ)まで加速可能とのこと。

Nanocraftにはカメラ、光子スラスター、通信装置が内蔵されているそうです。本体は指先ほどだけど、メートルサイズのレーザーを受ける帆を装着。地上から照射するレーザーの出力は数千kWh。

原文のプレスリリースを見ると1000基ほどのNanocraftを同時に向かわせるっぽい。故障する機体が出てきても1機は残る感じ?

プロジェクトには神戸大学の賀谷 信幸教授も参加しているね。

↑BTW
 Keyword:博士/15 レーザー/25
   コメント書き込み・記事単独表示(25〜)

2016/04/12

ついに宇宙ホテルが2020年に打ち上げへ、1人の滞在時間は30日〜45日を想定

値段の言及は無し。どこまで下げられるかねぇ。H2Aの低軌道への輸送コストが1kgあたり100万円って言っていたから、60kgの人で6000万円か

う〜ん、直感的にスタート価格は10億円と予想。安すぎかな?

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(4〜)

2016/03/28

X線天文衛星「ひとみ」通信途絶える 米戦略軍統合宇宙運用センターの情報では5つに分離した状態とのこと

何が起きたんだ?宇宙戦争の始まりを妄想!w

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(11〜)

2016/03/05

国際宇宙ステーションISSに設置されたWebカメラの映像をリアルタイムで視聴可能720pまで

これは良いね

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(2〜)

2016/03/02

最も明るい星として見える人工衛星打ち上げプロジェクト「Mayak」がクラウドファウンディングで資金調達成功

夜空にそんなワンポイントあってもいいな。

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(1〜)

2016/02/23

一般相対性理論が破綻?シミュレーションによるブラックホール解析で特異点がむき出しになる現象。宇宙検閲官仮説が破綻

どこかで聞いたことあるフレーズだな。

宇宙検閲官仮説(cosmic censorship hypothesis)って本当のサイエンスだったんだな。トップ2のアレとか?

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(1〜)

2016/02/03

宇宙最期の日まで輝く人類移住の希望の星「赤色矮星」が理解できるアニメーション

オイルカイロ的にちょろちょろと核融合していて寿命1兆年とか。

あぁ、誰か次元波動超弦励起縮退半径跳躍重力波超高速航行でも発明しないかなぁ

↑BTW
 Keyword:オイルカイロ/13
   コメント書き込み・記事単独表示(3〜)

2016/02/03

キノコとコケで火星をテラフォーミング可能かも!、0.01気圧、二酸化炭素100%でも生存可能

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(3〜)

2016/02/01

中国が月面のフルカラー高解像度写真を一挙公開

1976年以降初めて月面軟着陸させたとのことで、現代技術による綺麗なカラー画像が公開されています。

ここ数年以内に多数の民間プロジェクトが月面着陸を計画しているとのこと。
きっとVRヘッドセットで楽しめる映像が利用出来るようになる日も近いでしょう。

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(3〜)

2016/01/26

イーロン・マスク氏、2040年には1人50万ドルで火星移住可能と予想

テスラや、スペースX社のCEO、イーロンマスク氏が2040年に1人50万ドルで火星移住出来るだろうと語っているとか。

水素社会は来ないってことですかね?w

後で読む。

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(4〜)

2016/01/19

米スペースX社が衛星投入成功するもロケット着陸失敗の動画

ちょっとコント的w、爆発しっぷりとかアニメっぽいw

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(1〜)

2015/12/24

火星が地球から独立していなければならない理由

面白い思考実験。

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(1〜)

2015/12/22

イーロンマスク氏率いるSpaceXが垂直打ち上げしたロケットの切り離し部分の着陸についに成功

おぉ、めでたい。H2ロケットの拡販の敵になるだろうけど。

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(1〜)

2015/12/15

デジタル一眼と望遠鏡を制御して天体観測出来るWindows用ソフト「ステラショット1.2」

カメラは手持ちのEOS Kiss X6iが対応してる。制御機能付きの望遠鏡の対応表が↓にある。
一番安いやつでいくらぐらいするんでしょうか?

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(1〜)

2015/12/06

iPhone6sで月面が撮れる組み立て式天体望遠鏡「スマホ天体望遠鏡PANDA」

↑BTW
 Keyword:blog/275
   コメント書き込み・記事単独表示(2〜)

2015/12/03

本日「はやぶさ2」が地球へ再接近してスイングバイ。小惑星への長い旅へ

スイングバイによるスピードアップは微々たるものなんだね。現在秒速30km

↑BTW
 Keyword:JAXA/68
   コメント書き込み・記事単独表示(1〜)

2015/11/23

空を見上げて人工衛星を探すのに便利なサイト

便利そうだけど、どれぐらい経緯度がズレていても見えるのかな?

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(6〜)

2015/09/18

Amazonも宇宙開発に乗り出す。宇宙開発関連子会社設立

 世界中でボロもうけしているCompanyが宇宙開発に取り組んでくれるのは嬉しいところです。もう民主的な国家にはそんな勢いはありませんからね。

俺にはなぜ今宇宙開発なのか理由がよく分かりませんが、ホリエモンも宇宙!宇宙!言っているし、何かそういう流れがあるんでしょうね。Microsoft(bill gates個人でもおK), Google, Appleにも参加して欲しいところ。Appleとか死んでも宇宙開発とかしなさそうだけど。

↑BTW
 Keyword:Apple/63
   コメント書き込み・記事単独表示(5〜)

2015/09/16

土星の衛星エンケラドスが海に覆われていることが判明→地球外生命体の可能性高まる

直径500キロほどらしい

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(27〜)

2015/08/10

人類史上初の「宇宙ポルノ」企画 クラウドファンディングで資金調達失敗

ホリエモンを男優に起用すればどうにかなったかもよ

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示(5〜)

2015/07/21

地球外文明を探す過去最大規模のプロジェクトが発足、予算100億円、Facebook CEOなど後援

検出精度はSETIの50倍、探査範囲10倍、走査速度は100倍高速とのこと

もし地球に近い1000個の星の内、どれかに文明が存在しており、それが一般的な航空レーダー程度の出力で電波を発していれば、それを検知できる

らしい。このプロジェクトで得られたデータは全て一般公開。

久しぶりに映画「コンタクト」が見たくなった。

↑BTW
 Keyword:Facebook/83
   コメント書き込み・記事単独表示(8〜)


次のページへ[1234・]