useWill.com! キーワード分類ページ

 
 
 
総務



----------このキーワードを使っている記事----------
2016/11/16:そうきたか! 「総務省指定」の文字をあえて目立たせるiPhone7ケース爆誕
2006/10/26:とりあえず総務大臣にメールしておいたw
2006/10/25:ケータイ業界の詐欺まがいの宣伝を止めさせるにはどうしたらよいのか

2016/11/16

そうきたか! 「総務省指定」の文字をあえて目立たせるiPhone7ケース爆誕
そうきたか! 「総務省指定」の文字をあえて目立たせるiPhone7ケース爆誕

これはカッコイイ!
Android版もぜひ

Category:iPhone・iPad・アップル

↑BTW
   コメント書き込み・記事単独表示



2006/10/26

とりあえず総務大臣にメールしておいたw
とりあえず[[総務]]大臣にメールしておいたw

さぁ、次はどこに送ろう。やりすぎ?wwいやいや世の中、やらなければ良かったなんてそんなにないのさ。誰かもっと良い文章送っておくれ


昨今のケータイ事業者の詐欺まがいの料金体系および宣伝活動について

総務大臣 菅義偉様

 初めまして、私はインターネット上でケータイファンの集まるコミュニティーを主宰しているものです。当方のコミュニティーはケータイに興味のある人が1日一万人以上訪れケータイ業界の現状に関して活発な議論が行われています。表題は現在盛んに議論されている内容なのですが、昨今のケータイ事業者の活動があまりに行き過ぎていると感じ日本のケータイ事業を管轄する総務省の長である菅様のホームページ上のフォームから直通メールを送らせて頂いています。

 最近のケータイ各キャリアの宣伝活動はとても行き過ぎた行為ががあると感じます。菅様もケータイ電話をお使いのことと思いますが、
・「××円からの定額」といったまったく本質を持たない宣伝表現
・都合の悪い情報というか、本質は※マークをつけて下の方で小さい字で紹介
・基本料金や必須なオプション料金をを隠して「××円で定額」といった表現
・長期間の契約強要と高額の違約金

その他にも例をあげれば限りがありません。最近の宣伝文句はすべてが実情から大きくかけ離れており、深く考えないユーザーに安易に契約を結ばせる詐欺まがいの行為と感じます。また各社とも複雑な料金プランで一目で実際の金額を分からなくし高額の利用料金に気がついても2年以上という長期契約を強いられる契約も行われています。

このような場合、解約のためには数万円といった高額の違約金が発生する契約など消費者金融顔負けの非常に悪質な営業活動ではないでしょうか。確かに、これらの行為は法律に反しているとは言えないものかもしれません。しかし、このような状況はうわべだけの宣伝活動に各社を駆り立て、総務省が昨今目的としているケータイ事業に競争をもちこみ、正常な競争状態を作り出すといった目的を妨げる状況ではないでしょうか

このような問題をぜひ問題提起して頂き、日本のケータイ産業を正常な状態へと導いてもらえたらと思います。

突然のメール失礼いたしました。
ご活躍を期待しております。


当方のホームページ http://usewill.com/
主宰者 ××× ×××@×××


以前の記事:
JAROに通報しよう
ケータイ業界の詐欺まがいの宣伝を止めさせるにはどうしたらよいのか

Category:2006年ログ



2006/10/25

ケータイ業界の詐欺まがいの宣伝を止めさせるにはどうしたらよいのか
ケータイ業界の詐欺まがいの宣伝を止めさせるにはどうしたらよいのか

昨日、JAROに通報しようなんて書きましたが、よく考えるとこれは宣伝活動だけの問題ではないですね。宣伝だけでなく実際の料金プランが複雑にすることで見た目の料金を安く見せる詐欺まがいの内容なんですから。このようなことを止めさせるにはどうしたらよいんでしょう。

国民生活センターやら、公正取引委員会などいろいろ他にも相談先が思い浮かびますが、JAROだって会員企業にケータイキャリア各社が入っており、表立って動いてくれるとはとても思えない。これはもうケータイ業界を管轄する総務省のドン、総務大臣に現状を訴えるのが良いのではないでしょうか?最近の総務大臣はWIKIPEDIAに載っていますが現在の総務大臣である菅義偉氏にいたってはオフィシャルサイト中にメッセージを本人に送れるフォームが用意されています。

また、小泉内閣の時に総務大臣を務めたローゼン閣下wこと麻生太郎氏はPHSがどうとか言ってなかったっけ?

ウソキャッチフレーズだらけのケータイ業界にストップをかけたい。これこそが正常な競争状態に持ち込み、ユーザーを利するのに良い方法ではないでしょうか。

Category:2006年ログ