usePocket.com キーワード分類ページ

 
 
 
攻殻機動隊



----------このキーワードを使っている記事----------
2018.05.14:トランプ氏、ZTEへの制裁緩和を示唆
2017.03.29:豪華執筆陣による攻殻機動隊の同人誌「攻殻機動隊 ゴースト・イン・ザ・シェル コミックトリビュート」
2016.09.22:「攻殻機動隊」ハリウッド版の動画5本公開!ビートたけし演じる荒巻大輔の姿も
2015.09.02:「攻殻機動隊」の浮世絵登場!第1弾は「GHOST IN THE SHELL」の素子
2008.03.09:東大130周年記念シンポジウム「アニメがみる未来〜コンテンツが切り開く将来」に行ってきました。
2005.05.13:攻殻機動隊TVシリーズでおなじみのProductionIGの最新作は「Blood the last vampire」TV版♪

2018.05.14

トランプ氏、ZTEへの制裁緩和を示唆
トランプ氏、ZTEへの制裁緩和を示唆↑BTW

 何でもとりあえずノーといい、自分が関与した後は臨機応変な対応する。あ〜、こういう人、社内の権力者にいっぱいいるなぁ(^^;

 最近、ずっと「民主主義って本当に良い仕組みのか?」って危ないことを考えている。声が大きい方、マイノリティーほど声がデカいわけで、最近加わった要素として、炎上しないと金が稼げない広告ベースのメディアが社会を悪い方向にしか導かない。考える力の無い人たちは「選挙で決まる」を「選挙で決める」と勘違いしている。

 民主主義の良さは長い歴史のの中で良さが証明されているはずなんだけど、じゃあなんで「企業」は民主主義じゃないのか?。国をも上回る大会社が多数存在する今の世の中、あの規模だと国と企業の存在って似たようなものになってるよね?民主主義で方針決めていたらCompanyって絶対成功しないと思うけど、じゃあ民主主義って良いのか?

 ふと思い出すのは攻殻機動隊の最初の1ページの「企業のネットが星を被い電子や光が駆け巡っても国家や民族が消えてなくなるほど情報化されていない近未来」ってフレーズの深さだな。原作からもう30年か。。。

Category:海外・国際・軍事

   レッツ炎上、吠えよ主観的意見!!!!コメントをどうぞ。




2017.03.29

豪華執筆陣による攻殻機動隊の同人誌「攻殻機動隊 ゴースト・イン・ザ・シェル コミックトリビュート」
豪華執筆陣による攻殻機動隊の同人誌「攻殻機動隊 ゴースト・イン・ザ・シェル コミックトリビュート」↑BTW

あとで買う。

Category:アニメ・マンガ・ヲタク

   コメント書き込み・記事単独表示




2016.09.22

「攻殻機動隊」ハリウッド版の動画5本公開!ビートたけし演じる荒巻大輔の姿も
「攻殻機動隊」ハリウッド版の動画5本公開!ビートたけし演じる荒巻大輔の姿も↑BTW

Category:映画・舞台

   コメント書き込み・記事単独表示




2015.09.02

「攻殻機動隊」の浮世絵登場!第1弾は「GHOST IN THE SHELL」の素子
「攻殻機動隊」の浮世絵登場!第1弾は「GHOST IN THE SHELL」の素子↑BTW

あら素敵。けっこう高いけど伝統的な手彫り・手摺りで制作されているとのこと。

Category:アニメ・マンガ・ヲタク

   コメント書き込み・記事単独表示




2008.03.09

東大130周年記念シンポジウム「アニメがみる未来〜コンテンツが切り開く将来」に行ってきました。
東大130周年記念シンポジウム「アニメがみる未来〜コンテンツが切り開く将来」に行ってきました。

先日から紹介しているこのシンポジウム、パネリストとしてウィルコム近義起副社長が登場していて、なんで〜と思ったわけですが、ウィルコムは以前から未来のケータイ端末についてプロダクションI.G.と意見交換を行っていたという、つながりがあるそうです。下の写真で4月からのアニメ、RD潜脳調査室中で登場する?端末の光るモックを見せていた。memn0ckさんとかれさくさんとか、29a_todayさんもいたらしい。
会場は東大の本郷キャンパスの地下会場、全キャリアばりばり圏外w、さすが東大、学ぶには良い会場です(^−^;、参加者はう〜ん、200名ぐらい?満員御礼でした。最初に挨拶を行ったProduction I.G.の石川光久社長、攻殻機動隊の特典映像でその姿はよく見ていましたが、生で初めてみた。名刺交換しますた。
記念講演を行ったアニリール・セルカン氏、題名は「インフラフリーが招く未来の社会と技術」。映っているスライドはマトリックスですw。渡邉淳司氏の行った色々なユーザーインタフェースの紹介。近副社長が体験して、面白がってました。
パネルディスカッション中、近副社長は真ん中の右側RD中で使用する?端末を見せる近副社長、ボタンを押すと文字パネルが浮かび上がっていた。近副社長はモックが嫌いで、何かやりたいことがあるなら動く実機を作って来い。とか言う人らしい。さすが技術屋。
記念撮影廊下にはしっかりとウィルコムのパンフレット満載。

4月から日テレ系で始まるRD潜脳調査室は、士郎正宗氏から「攻殻」の世界観とつながっている未来を書きたい。との提案があって始まったそうです。ちょっと勘違いがあるかもしれませんが、「攻殻の世界で中途半端に広まって混沌としていた人間とマシンのインターフェースが一般化し、安定化した世界?(でも色々な問題が)」ということのようです。(RDシリーズ構成の藤咲さん)。

司会の東大准教授、七丈直弘氏が、「ウィルコムのユーザーサイトにこの公演の案内が貼られ大量に申し込みが来た」とか「勝手に端末作っているユーザーがいるみたいですねぇ。」とか近副社長にふってました(^−^;。近さんもその事をご存知のようで「会ったことはないんですが、iPod touchとつないでいる人がいるんですよ」とか言っていて、こういった流れに好意的な印象をもっているように見えました。何か面白い流れが出来るといいなぁ

Category:アニメ・マンガ・ヲタク




2005.05.13

攻殻機動隊TVシリーズでおなじみのProductionIGの最新作は「Blood the last vampire」TV版♪(オフィシャル)
[[攻殻機動隊]]TVシリーズでおなじみの[[ProductionIG]]の最新作は「Blood the last vampire」TV版♪

「Blood+」という名前
10月より

Category:アニメ・マンガ・ヲタク