usePocket.com キーワード分類ページ

 
 
 
ローミング



----------このキーワードを使っている記事----------
2019.02.18:有給1日×18万円でJALのFOP(FLY ONポイント)を約18000獲得、マリーナベイサンズの夜プールで楽しむ【OKA-SINタッチ】
2018.02.15:日本通信×HISの「HISモバイル」誕生。海外で1日500円で200MB使用可能
2008.08.21:WS008HA(ハギワラシスコム)用のベトナムローミング対応ユーティリティーソフト公開
2008.07.26:ウィルコム、ベトナムでのPHSローミングサービスを8月21日より開始(cnet)
2008.03.19:五輪目前の北京にX PLATE(WX130S)が突撃〜コイツは中国でも快適に使えるか?(nikkei)
2008.01.21:SII製新音声端末「X(TEN) PLATE」(WX130S)発表
2007.09.26:ウィルコムの上海ローミング続報(impress)
2007.09.26:ウィルコムがチャイナ・ネット・コムと提携し北京オリンピックまでにローミングサービスを開始との噂(internet.com)
2005.07.07:ジャケットフォン発表「128kbps、回線交換、海外ローミング対応」(impress)

2019.02.18

有給1日×18万円でJALのFOP(FLY ONポイント)を約18000獲得、マリーナベイサンズの夜プールで楽しむ【OKA-SINタッチ】
有給1日×18万円でJALのFOP(FLY ONポイント)を約18000獲得、マリーナベイサンズの夜プールで楽しむ【OKA-SINタッチ】2イイネ↑BTW


俗に言うOKA-SINタッチってやつです。各航空会社には1年間に一定以上多く利用した人を生涯を通じて優遇する仕組みがあり(JALの場合JGC、ANAの場合SFC)、その資格を得るために飛行機に乗る人がいますが、今回、それ、通称「JGC(JALグローバルクラブ)修行」を昨年11月にやってきて、上級会員になるためのFOP(FLY ON ポイント、※マイルとは別)を大量にゲットし、ついでにビルの上のふさけたプールで有名なシンガポールでマリーナベイサンズに泊まってきました。

JGCに関しては

JALで簡単にFOPを稼ぐ方法としては
  • (1)国内線のFOP加算率は×2でお得、しかも沖縄線は便数が多くて安くて良い。シーズンオフだと片道1万円ちょっと
  • (2)国際線と一緒にとる国内線は安チケットでもFOPが100%加算される。
  • (3)東南アジア便は加算率×1.5でちょっとお得。
って3つの仕組みを利用します(もちろんマイルも大量にゲット出来ますよ)。んで、何をやったかと言うと
羽田→(沖縄→羽田→シンガポール→羽田→沖縄)→羽田
と旅行します笑笑笑、通称「OKA-SINタッチ」。すなわち沖縄出発でシンガポールを往復するチケットを買うんです。沖縄に住んでない人は自分で別途、沖縄まで移動します。もちろんJAL便を使うとベスト。また、往復国際線は滞在中1日無いと買えませんのでOKA-SINタッチを実行する最短日数は3日間になります(今回も最終日は深夜2時発の帰国便を選択して最短で中1日を確保しています)。この旅で飛行機に乗っている時間は併せてちょうど24時間ぐらいですかね?(笑)

(省略されています。全文を読む

Category:おでかけ情報・旅行・恋愛・結婚・夫婦

   コメント書き込み・記事単独表示(13〜)




2018.02.15

日本通信×HISの「HISモバイル」誕生。海外で1日500円で200MB使用可能
日本通信×HISの「HISモバイル」誕生。海外で1日500円で200MB使用可能↑BTW

200MB超えるともう500円課金される?詳細はまだ発表されていないようです。

主要キャリアのローミング費用って、ドコモ、auが1日980円なのに対しソフトバンク、ワイモバイルは2980円なのか?
(省略されています。全文を読む

Category:格安SIM、ドコモMVNO

   コメント書き込み・記事単独表示(13〜)




2008.08.21

WS008HA(ハギワラシスコム)用のベトナムローミング対応ユーティリティーソフト公開(itmedia)
WS008HA(ハギワラシスコム)用のベトナム[[ローミング]]対応ユーティリティーソフト公開

Category:データ端末・データ通信(AIR-EDGE etc)




2008.07.26

ウィルコム、ベトナムでのPHSローミングサービスを8月21日より開始(cnet)(impress)
ウィルコム、ベトナムでのPHS[[ローミング]]サービスを8月21日より開始(cnet)

台湾、タイに引き続き3つ目。
利用するためには事前にウィルコムサービスセンターへの電話申し込みが必要だそうです。

Category:エリア・ホームアンテナ




2008.03.19

五輪目前の北京にX PLATE(WX130S)が突撃〜コイツは中国でも快適に使えるか?(nikkei)
五輪目前の北京にX PLATE([[WX130S]])が突撃〜コイツは中国でも快適に使えるか?(nikkei)

PIMカードを現地で購入するところからレビューしてくれるみたいです。

ちなみに当サイトでは写真付きメールを送るだけで日記が出来る「絵日記」でタイ旅行中にローミングで日記更新されているがいますよー。

Category:2008年ログ




2008.01.21

SII製新音声端末「X(TEN) PLATE」(WX130S)発表
SII製新音声端末「X(TEN) PLATE」([[WX130S]])発表


  • 薄さ11.5mm、重さ64gの小型端末、
  • 中国でも使えるPIMカード対応(ローミングサービスではないが中国で購入した現地のカードSIM(PIM)を挿せば中国のPHSサービスが利用可能)
  • 赤外線
  • ストレートなのにサブディスプレイ搭載
  • 外部機器に接続してのデータ通信非対応
  • カラー:ブラック(2月下旬発売)
  • メール容量3MB
  • 北京オリンピックの開催に合わせて、ウィルコムが用意したPIMカードを貸し出し、中国で利用した通話料を毎月の利用料と合算して請求するサービスなどを展開(中国で購入して利用することも可能)
  • 文字入力Advanced Wnn V1
  • PIMカードは中国内で800-1600円で購入出来る。中国での市内通はは1分3.2円、中国国内は11,2円。日本へは1分128円。着信は無料
  • メールフォルダは3MB,データフォルダは1MB
  • 1xパケットのみ対応、ブラウザ非搭載

Category:2008年ログ




2007.09.26

ウィルコムの上海ローミング続報(impress)(mycom)
ウィルコムの上海[[ローミング]]続報(impress)

  • ウィルコムが基地局を設営するのではなく中国電信のネットワークに接続、一時的に中国での国際ローミングサービスが提供されることになる。
  • 利用できるのは貸与端末のみで、日本国内のウィルコム端末を期間中に持ち込んでも利用できない。
  • 今回の経験を踏まえ、中国でのローミングサービス実用化に向けて取り組む
  • 2005年に長野で開催された同大会の第8回冬季大会にも協賛して同様にPHSサービスの無償提供を行った。
だそうです。北京オリンピックでローミングなんて話がたまに聞かれますが、その布石の一つである可能性もありそうな気がします。

Category:2007年ログ




2007.09.26

ウィルコムがチャイナ・ネット・コムと提携し北京オリンピックまでにローミングサービスを開始との噂(internet.com)
ウィルコムがチャイナ・ネット・コムと提携し北京オリンピックまでに[[ローミング]]サービスを開始との噂(internet.com)

その他にもパケット通信の技術を提供し中国でのデータ通信事業開始を後押しするとか。
PHS技術はアジア各国で使われていますが、通話とEメールがメインでEメールも回線交換方式により行われておりパケット通信は普及していないそうです。

ウィルコムフォーラム&エキスポの時にゲストで来ていた人達でしょうか?

Category:2007年ログ




2005.07.07

ジャケットフォン発表「128kbps、回線交換、海外ローミング対応」(impress)(WILLCOMプレスリリース)(WILLCOM SIM STYLEトップページ)(itmedia)
ジャケットフォン発表「128kbps、回線交換、海外[[ローミング]]対応」(impress)

いわゆるジャケットフォンのためのモジュールが発表されました。今後は無線関係の技術を持たないメーカーにも端末開発が可能になります。

・モジュール部分の名前は「WILLCOMコアモジュール
・このモジュールを使用した端末を「WILLCOM_SIM_STYLE」と呼ぶ
・今回はWILLCOM コアモジュールの一つとして「W−SIM(ウィルコムシム)」を発表。内部にアンテナ、無線部分、住所録などのユーザーデータを持つ
・WILLCOM SIM STYLEページでアンケート実施中
このページを見ると「WILLCOMコアモジュール」として、以前発表されたCSCエンジンも掲載されている、今回のW-SIMは2つ目って事だ

・「WILLCOMコアモジュールフォーラム」を設立し、利用を推進していく、2005年7月6日現在、賛同しているのは下記の45社
ACCESSインデックスリーディング・エッジ・デザイン
アルプス電気伊藤忠テクノサイエンスアスキーソリューションズ
ABITNECインフロンティアNECシステムテクノロジー
NEC情報システムズ沖電気工業株式会社オムロン
カシオ計算機加藤電機神田通信工業
京セラサン電子三洋電機
シスコシステムズCSCジュピターテレコム
セイコーインスツル大和総研電通
東芝トミー東芝デジタルメディアエンジニアリング
日本アイ・ビー・エム日本アルカテル日本HP
日本無線ネットワンシステムズパイオニアコミュニケーションズ
バンダイバンダイネットワークス日立製作所
富士通プラザクリエイトフュージョン・コミュニケーションズ
古河電気工業本多エレクトロンマイクロソフト
松下電工山本寛斎事務所モバイル・コンテンツ・フォーラム

Category:W-SIM・CSC関連