usePocket.com キーワード分類ページ

 
 
 
HDR-AS300



----------このキーワードを使っている記事----------
2019.01.18:GoPro HERO 7 Blackの安定化機能(HyperSmooth)とタイムラプス機能(TimeWarp)がスゴイ!!!!!
2019.01.04:2018年の物欲まとめ。49品紹介。49万3540円使用。オススメ商品と一言コメント。
2018.12.18:GoPro HERO7 Black持ち歩き用に保護フィルム、レンズカバー、通常三脚用アダプターを購入
2018.12.14:2018年の物欲その48:GoPro HERO7 Black(購入履歴GoPro2→GoPro3+Silver→ソニーHDR-AS50→HDR-AS300→)
2018.02.27:2018年の物欲その9:アクションカメラを帽子などに固定出来る激安クリップ「RAYZ ソニー アクションカメラ用 万能クリップマウント」
2017.01.05:2016年の物欲まとめ:収支50万8630円(購入84品55万8639円、売却4品55000円)
2016.08.05:ソニーの空間光学手ぶれ補正アクションカムHDR-AS300は素晴らしいけど、手ぶれ補正かけると画角が狭くなる(2016年の物欲その27続き)
2016.07.26:ソニーのアクションカメラHDR-AS50のレンズにキズが付いたので交換してもらったら修理代が高かったorz
2016.06.27:2016年の物欲その27:空間手ぶれ補正搭載のソニー新アクションカメラHDR-AS300、完全にGoProの時代は終わったな
2016.06.20:ソニーが光学手ぶれ補正搭載のアクションカメラ最新モデル発表、HDR-AS300と4K対応のFDR-X3000

2019.01.18

GoPro HERO 7 Blackの安定化機能(HyperSmooth)とタイムラプス機能(TimeWarp)がスゴイ!!!!!
GoPro HERO 7 Blackの安定化機能(HyperSmooth)とタイムラプス機能(TimeWarp)がスゴイ!!!!!↑BTW


上記はGoPro HERO 7 Blackを自撮り棒に付けてジョギングしながらタイムラプス撮影したもの。設定は「30倍速」。30分のジョギングが1分に早送りされていることになります。時速9km/hで走っているとして時速270km相当って感じ?

すごいなぁデジタル手振れ補正でここまで出来るとは、メカニカルな「空間光学手振れ補正」とかソニーすごい!!!とか言ってたけど、完全にデジタル技術に敗北じゃないか。いったいどんな処理を行ったらこんな事が出来るんだか。。。。なんでもGoProはRAM2GB積んでゴリゴリ計算して補正しているとか。

下記は「5倍速」設定です。同様に時速45km相当って感じかな?途中の階段で力尽きて少し歩いているのが分かるねw


ちなみにタイムラプス撮影時の電池消費は、通常動画撮影時とまったく変わらない感じです。電池満タンでギリギリ1時間撮影出来るかどうかって感じ。ちと短い。

以降は通常撮影時の手振れ補正能力を見たものです。

(省略されています。全文を読む

Category:デジカメ・カメラ・ビデオカメラ

   コメント書き込み・記事単独表示




2019.01.04

2018年の物欲まとめ。49品紹介。49万3540円使用。オススメ商品と一言コメント。
2018年の物欲まとめ。49品紹介。49万3540円使用。オススメ商品と一言コメント。↑BTW

予算的には苦しい1年でした。年間物欲予算は48万(月間4万)と豊富に確保しているのですが、2017年に使いすぎて(年末にPS4pro+PSVRとか買ったのがヤバかった)繰り越し借金が8万円ありましたので年間予算は実質40万。足りない分はせっせとオークション売却10回(計11万4200円)で稼ぎ、2018年末で2万660円余らせました。

2018年のオススメ商品を挙げるとソニーのノイズキャンセルヘッドセット、ナスネ、GoPro HERO7 Black、すごく小さくなるエコバッグ、屋外掃除機、Xperia XZ2、ワイヤレス充電器、フード真空シーラー、走れる革靴、Air Stick 4K、明るいソーラーガーデンライト、Fitbit versa、新生児無呼吸検知ワイヤレスセンサー、Raspberry Pi zero W、うわあああぁ、PETGフィラメントって感じでしょうか。

下記に現時点での一言コメントを残します。

有意義な比較でした。今年の年賀状は初めて互換インクで印刷
失敗でした。
Wifi内蔵は素晴らしい。
便利に使ってます。DIYヒートベッドは火事が怖いw
結局、色々と制約があって目的であったGoogle Home経由で有効活用出来ていません。ただしスマホから赤外線リモコンを操作出来る機器としては普通に便利
インストラクションで飽きました。そもそもホストが主人公な時点でやる気にならない。
素晴らしい。物理的刺激に関しては本番と同等以上の性能があると感じます。しかし一方で危険商品です。こんな無機質なモノに人生の原動力を費やしてはいけないと思います。もう買わない。禁忌目録に追加したい。
今年はタイヤ交換、シフトワイヤー交換、ブレーキワイヤー交換とスキルを身に付けました。今、ママチャリ(外装3段)のクランクギアを半径デカいのに交換したら最高速度上げられるかな?とか妄想していけどチェーン交換も必要になるし、実現はしないかな。
1回で飽きました。どこいったっけ?余った粘土を焼き固めてデカいオモチャにしてしまうか。
便利に使えますが、クリップが少し頭に当たって痛いです。
有用だけど、美観を損ねる。
単なる興味だったので試して終了でした。
大変良い装置でした。
結局1年経たずに壊れました。う〜ん。
便利に使ってますが、機能豊富過ぎてまったく値段分有効活用出来ていません。
問題無い商品です。
便利に使ってますが、たまにリモコンのペアリングが外れてしまい、再設定が大変。下の子が長押ししながらしゃぶっているせいかも
ちょっと染まりが悪すぎるので使うの止めました。
もうすぐ1年ですが快調に明るく屋外を照らしています。一晩中照らしているかは不明。
1回しか使ってません。性能は良いと思う。
悪くないけど俺のRaspberry Piプロジェクトにはこんな高スペックはいらないかな?カメラはversion1よりは画質が良いんだろうけど、スマホカメラには劣る程度。ハイエンドのイメージセンサーモデルが欲しいな。
良いインテリアです。レシピ載っているけど一度も作ってみたりはしてない。
耐久性も問題無しだけど、まあ新しい靴買った方が良いかな。靴は高級品を大切に使うよりも、そこそこ見た目がきちんとしたお手頃価格の靴を高頻度に交換した方が良い気がしてきた。
両方とも長生きしています。カニは足が長すぎてキモい。
あまり有効活用出来ていません。
動かなくなって2回新品交換しまいたが良い商品です(笑)。アプリマーケットはショボい。。。。がバッテリーが長持ちするからまあ許せている(3日行ける)。
良い買い物でした。ゲームしない限りは動画編集も含めて快適に使ってます。
画質はPS VRより良いんだけど、CPUの動作速度が足りず追従性とフレームレートが遅いせいで動画見る以外に使う気がしなかった(PS VRも持ってるし、比較しちゃうのが悪いのかもしれない)
分解してそのまま。
高いけど静音性も高く、良い商品です。
定番です。開封後の小分けで指が文字通りシオシオになるので10リットルごとの分割小分けパックになっているのが理想。
海外出張でがんがん走れました。オススメ。
Google Homeはもう生活の一部です。最近は料理の時にタイマー機能を便利に使っている。そういえばこの念のため購入した2台目、設置してないw
最新の炊飯ジャーは美味しく炊けるねぇ。保温性能も素晴らしい。
お気に入りですが、tsumiとかのブランドモノが欲しくなってきた。
両方とも1か月以内に死亡。なんで死んでしもうたん?
素晴らしいです。リモート予約してオンライン視聴したり、リアルタイムでオンライン視聴したり。
良い染まり具合ですが、風呂場で前準備無しに10分で染められるとはいえ、それなりに周囲への着色など気にしないといけないので、普通の毛染めとの差はあるのか?と疑問を感じてしまう。
大満足です。やっぱ日々持ち歩く利用頻度の一番高い商品であるスマホは最高クオリティのモノを買うべきだね。
1個は濡らして使って煙ふいたけど、残りの2つは安定して使えています。
便利に使ってます。シール用の袋がもう少し安く手に入ったら良いのに。
便利に使ってます。
便利に使ってますが、風吹き出し口への設置タイプなので、使っているうちに設置部分が緩んでくるのが不満。
良い商品です。
良い吸い込みパワーです。
素晴らしいです。マクドナルドや航空機内が自宅よりも集中出来るスペースになります。
なかなか継続して活用出来てません。
これオススメ。けっこう頻繁に有効活用しています。
良い買い物でした。
レビューしないけど安定化機能(Hypersmoothだっけ?)すごいです。TimeWarp機能も素晴らしい。後程記事書きます。
良い感じ。髪がふにゃふにゃになりすぎるので週末に週1回程度使用。
まだ1つしか出力してないけど良い感じ。
(省略されています。全文を読む

Category:商品購入レビュー

   コメント書き込み・記事単独表示




2018.12.18

GoPro HERO7 Black持ち歩き用に保護フィルム、レンズカバー、通常三脚用アダプターを購入
GoPro HERO7 Black持ち歩き用に保護フィルム、レンズカバー、通常三脚用アダプターを購入↑BTW

持ち歩きは下記のような状態に。これと自撮り棒のセットでカバンに入ってます。


購入したのは下記


全部ヨドバシ.comで注文で3000円ぐらいかな。金かかるなぁ

保護フィルムは悪くないけど、「裏面液晶」「表面カメラレンズ」「表面液晶」の3枚セットで、「表面液晶」のフィルムが少し小さ目なのが気になる。
実用上は問題無いと思うけど。むー

あと、カバンの中でスイッチが入っちゃう問題がありそうだな。。。。

ちなみに購入して2週間。まだ何も撮影してないw

(省略されています。全文を読む

Category:商品購入レビュー

   コメント書き込み・記事単独表示




2018.12.14

2018年の物欲その48:GoPro HERO7 Black(購入履歴GoPro2→GoPro3+Silver→ソニーHDR-AS50→HDR-AS300→)
2018年の物欲その48:GoPro HERO7 Black(購入履歴GoPro2→GoPro3+Silver→ソニーHDR-AS50→HDR-AS300→)↑BTW

6年前に初めてアクションカメラGoPro2を購入して5台目です(途中ダイビングでロスト1回w)。アクションカメラはいつも2年使っても購入価格の1万円引きとかで売れるので買い換えなきゃ損だねえ。今回は4K撮影可能な最上位モデル!購入価格はビックカメラで56000円+ポイントでした。現在、公式サイトでは現在49800円で買えるみたい。

上記が全付属品。説明書無しだね。ビックカメラで購入しましたが日本総代理店のタジマモーターの保証書が付いています。これで堂々と保証が受けられる。しばらくソニーのアクションカメラを使っていたので忘れていましたが水中ハウジングは別売りなんだね。来年夏にダイビングで使う前には買わなくちゃだけど6000円ぐらいするみたい。現在のGoProは本体のみで10m防水だそうです。水中ハウジングと組み合わせればちょっと水漏れしてももう壊れることは無いのかな?

スカスカのハウジングと、ネジで固定したり角度を調整出来るようになっている専用規格の台座、その台座の受け側のパーツ(両面テープ付き)×2、USB-Cケーブルが付いています。身の回りのものがすごい勢いでUSB-Cに置き換わっていく。


表(おもて)面、大きな白黒液晶が搭載されています。


裏面、全面大きな液晶でタッチパネルになっています。本体にボタンは2つしかなく残りはタッチパネルで行います。本体の造形は完成度が高そうな印象を受けます。



側面、USB-CとHDMI端子です。



底面。バッテリーとmicroSDスロットです。本体の大部分がバッテリーだね。ソニーのアクションカメラはカメラ容積の5分の1ぐらいがバッテリーだった気がしますが、GoProは3分の1ぐらいに達している感じ。
以前のGoProもそうでしたが連続撮影で熱くなりそうな気がする。バッテリーの持ちは相変わらず悪いんだろうな。

スマホにアプリをインストールすれば、ほぼ全自動でカメラを探してファームアップまで行ってくれます。スマホに撮影画面を表示してみたところ、最大広角ではソニーのアクションカメラに比べて広角で映像は魚眼的に歪んでいるね。この魚眼的な映像も嫌いじゃないけど、少しだけ画角を犠牲にしてソニーのアクションカメラと同等の歪みのない映像を表示するモードも搭載されています。

とりあえずここまで。

現在、全面、背面の液晶を保護するシールと、通常のカメラマウントに固定するためのパーツ、レンズキャップを注文中なので、それが来たら外で使ってみます。HyperSmoothとTimeWarp使ってみたい。

これまでのアクションカメラ履歴


(省略されています。全文を読む

Category:商品購入レビュー

   コメント書き込み・記事単独表示




2018.02.27

2018年の物欲その9:アクションカメラを帽子などに固定出来る激安クリップ「RAYZ ソニー アクションカメラ用 万能クリップマウント」
2018年の物欲その9:アクションカメラを帽子などに固定出来る激安クリップ「RAYZ ソニー アクションカメラ用 万能クリップマウント」↑BTW



購入したのは↓

ソニーの純正品が倍の値段である↓のですが、ケチりました。
結果的には目的の機能は果たしており問題無い感じです。ソニー純正の方が小さくて軽い(53g、俺の買ったのは83g)ですのでスポーツなどで使うにはソニー純正の方が良いかもしれません。

↓カメラの標準マウントの穴がついているので他のカメラもつけられます。いっけん分からないですが、「帽子に付けた時に下を向くように傾ける」といった調整も可能です。ちなみにカメラは逆さ向きに使うことになりますが、たいていのアクションカメラには上下反転モードがあるので問題無いはずです。


↓使い方ですが、うちには帽子が無いので、ネックウォーマーをヘアバンドのように頭に固定して代用してます。ここに購入したクリップでソニーのアクションカメラを取り付けます。


↓すると子供をお風呂に入れている可愛らしい動画を撮影可能です!

(省略されています。全文を読む

Category:商品購入レビュー

   コメント書き込み・記事単独表示




2017.01.05

2016年の物欲まとめ:収支50万8630円(購入84品55万8639円、売却4品55000円)
2016年の物欲まとめ:収支50万8630円(購入84品55万8639円、売却4品55000円)↑BTW

月額予算4万(年間48万円)なので28630円の赤字。何やら年々増えているような。来年こそは予算厳守で望みます(毎年言っているけどw)、良かった品、悪かった品の紹介は↓です。

 金額的にはたいしたことありませんが、書籍などの有料コンテンツを多く購入した1年でした(13500円)。昨年に引き続きDIYに走っております。今年は3Dプリンター買ったのでかなりの出費額(12万1120円)。モバイル関係はアクションカメラ2台も買ってサーモグラフィーも買った関係で品数は少ないですが金額はかなりの高額に(15万8200円)。
 バイオハッカー活動で大きな買い物をしたため支出が多くなっています(13万5460円)。ハウジング関係は昨年で買い尽くしたかと思いましたがそれなりに金がかかっています(10万5400円)。

●書籍、電子書籍、コンテンツ、アプリ:13500円
英語リスニングの本、妻を社長にしなさい、COSMOS、火星の人、モバイルスキャナアプリ、スマホの本、サイボーグ化するペット、君の名は

●DIY:12万1120円
I2C電流センサー、ソーラーパネル、4端子コネクタ、テーブルソー、CO2センサー、アクリル板、締め付けバンド、シリコンチューブ、ドリル、高光度LED、ホールソー、黒シリコンチューブ、5Vファン、ヒューズ、5Vポンプ×2、屋外ケーブル、Raspberry Pi×2,RaspPi用microSD、WiFiドングル、USBヘッドセット、リレー、3Dプリンタ、フィラメント×2、ヒートシンク、12Vファン

●モバイル関係:15万8200円
モバイルバッテリー、アクションカメラHDR-AS50、雲台、microSD、三脚、レンズだけデジカメ、サーモグラフィー、アクションカメラHDR-AS300、アクションカメラ修理

●パソコンまわり:3万1100円
USBメモリ、Google Cardboard、Amazon fire tv stick、プリンタインク、ディスプレイアーム、WiFiルーターカードリーダー、スティックPC、ワイヤレスキーボードマウス

●バイオハッカー:13万5460円
電子てんびん、RS-232Cケーブル、USB-シリアルケーブル、Bento Lab(家庭用PCR装置、電気泳動装置)、1mLピペットマンとチップ、電源ユニット(電気泳動用)

●食べ物、酒:2300円
ワイン

●文房具、デスク周り:3050円
フリクションボール、エアざぶとん

●ハウジング、子育て:10万5400円
電熱線コンロ(燻製用)、防犯カメラ、消火器、プランター、セメント、BBQ小型コンロ、インターロッキング、水やり機、でかい鉢×3、温室を作るための木材、ビニールシート、静電気ボード×2、ダクトファン、花壇のブロック、自動水やり用ホース、エアコンウォッシャー、表札、海のぞくバケツ、モーター(プラレール修理用)

●水槽:9200円
水槽LED

■月別支出
1月27450円9品
2月21500円7品
3月189390円16品
4月28790円8品
5月13900円4品
6月72900円11品
7月68600円6品
8月15100円4品
9月32900円9品
10月66500円4品
11月12600円4品
12月9000円2品

■売却:4品:55000円
GoPro HERO3、HDR-AS50、レンズだけデジカメ、タブレット

来年も引き続き月額予算4万円(うちバイオ関係に月5000円)で行こうと思います。


(省略されています。全文を読む

Category:物欲予算まとめ

   コメント書き込み・記事単独表示




2016.08.05

ソニーの空間光学手ぶれ補正アクションカムHDR-AS300は素晴らしいけど、手ぶれ補正かけると画角が狭くなる(2016年の物欲その27続き)
ソニーの空間光学手ぶれ補正アクションカム[[HDR-AS300]]は素晴らしいけど、手ぶれ補正かけると画角が狭くなる(2016年の物欲その27続き)↑BTW


↑先日購入した空間手ぶれ補正付きのソニーHDR-AS300(白色、ハウジング入り)と、今年の3月に買ったソニーHDR-AS50(比較参考、電子手ぶれ補正のみ、ハウジングいり)

↓手ぶれ補正無し(※動画から切り出し)

↓手ぶれ補正(スタンダード)(※動画から切り出し)

↓手ぶれ補正(アクティブ)(※動画から切り出し)


手ぶれ補正(スタンダード)だと画角はちょっとだけ狭くなるだけなんだけど、手ぶれ補正(アクティブ)にするともの凄く手ぶれが補正される代わりに画角がかなり狭くなる(とはいっても比較しなければ十分に広角ではあるけれども)。

ちょっと残念。まあ原理を考えると仕方ないのかねぇ。欲を言えばソフトウェアでブレてない時は画角広くして、ブレだすと画角を狭めてくれるモードとかあれば良いな。