商品購入レビュー TW↑B
|1ページ目/4|次のページへ(1234・)
 
 
 
下位カテゴリー
  →2010年ログ(14)  →2009年ログ(8)


■■■記事一覧■■■
2017.11.24みんな大好き!Ankerのカタログ値5000mAhモバイルバッテリー「PowerCore Slim 5000」の充電・放電容量を測定してみた(2017年の物欲その62)
2017.11.06ゼロから始めるVR生活!ついにPS VRとPS4proを購入♪(2017年の物欲その60) /37
2017.10.272017年の物欲その58:送料無料の中国直送電子パーツ /22
2017.09.102017年の物欲その51:30年ぶりのプラモデル。ハセガワ1/200 ANA B787-8 プラモデル、 /70
2017.08.21ソニーの第2世代デジタルノートブック「DPT-RP1」購入して2ヶ月半、修理に出したら新品交換されて帰ってきた /3
2017.08.172017年の物欲その47:塩ビパイプなどの水漏れが直せる「日本特殊塗料」の水漏れ補修パテ「水止め一番」 /11
2017.08.092017年の物欲その44:レノボの10インチディスプレイ、回転式カメラ搭載AndroidタブレットYOGA Tab 3 10、見た目は良いが、ちと非力だった。ベンチマーク /5
2017.08.082017年の物欲その43:菅野よう子先生ファンなら必買!マクロスF武道館ライブBlu-Ray「超時空スーパーライブ cosmic nyaan(コズミック娘)」 /4
2017.08.072017年の物欲その42:ATX電源「サイズIchi Power 250Rev.B 250W IP250B」 /107
2017.07.132017年の物欲その39「シャープの格安電子ノートWG-S20」(書きごこち動画あり)、ソニーのDPT-RP1との比較 /5
2017.07.10ソニーの第2世代デジタルノート「DPT-RP1」購入して1ヶ月感想 /9
2017.07.07Pebble Timeの腕バンドがちぎれたので、格安交換用ソフトシリコンバンドを購入。悪くない感じ(2017年の物欲その37) /8
2017.06.16ソニーの第2世代デジタルペーパーDPT-RP1購入1週間後気になったポイント18個、手描き内容のコピペ、移動などもOK(動画) /152
2017.06.082017年の物欲その30:ソニーの第2世代デジタルペーパーDPT-PR1購入!普通に紙のノートを超えていた!(動画3つ) /17
2017.05.252017年の物欲その29:Ankerの4ポート×合計最大出力40WのUSB充電器。ケーブル無しのコンセント直挿しタイプ /2
2017.05.222017年の物欲その28:中国製な格安安定化電源「wanptek KPS305D」。最大出力30V×5Aで送料込み6000円弱 /16
2017.05.12先日買った東芝のノートPC用ACアダプター互換品980円に秘密がw /28
2017.04.282017年の物欲その27:ノートPCを充電するための19V出力の激安互換ACアダプター送料込み980円 /11
2017.04.19アメリカのAmazon.comで買い物したら故障品だったので返品した、返品送料もAmazonがほぼ負担してくれて良い感じ /3
2017.04.212017年の物欲その25:ビアンキ(bianchi)のショルダーベルト付きブリーフケースTBTC-14ブラック /7
2017.04.132017年の物欲その21:ダイソーの400円LED電球。白熱電球や蛍光灯と発熱をサーモグラフィーで比較 /10
2017.04.082017年の物欲その19。1300円で買えるTaoTronicsのスマホ自転車ホルダー「TT-SH013」 /8
2017.04.05燻製作製用に低出力の電気コンロを購入、食卓での鍋の保温に使ってみてサーモグラフィーで確認してみた(2017年の物欲その18) /6
2017.03.162017年の物欲その14:液晶ディスプレイの上をものおきに出来るキングジム「ディスプレイボードDB-500」 /6
2017.03.062017年の物欲その11:CowTech Engineeringのオープンソース3DレーザースキャナDIYキット。入手にずいぶん時間がかかった /2
2017.03.032017年の物欲その10:蛇口に取り付けるプログラムタイマー「藤原産業セフティー3 散水タイマーSST-3」、単3×2で1年間連続駆動 /5
2017.03.012017年の物欲その9:貝沼産業のシリコンチューブ100メートル分、しかしちょっと騙された。 /5
2017.02.212017年の物欲その8:2×2のルービックキューブ送料込み273円 /4
2017.02.142017年の物欲その7:防水100万画素無線LAN接続監視カメラ「TENVIS TH692」 /44
2017.02.132017年の物欲その6、お手軽価格の充電式掃除機シャープFREED2「EC-SX210-A」、エレクトロラックスのエルゴラピードとの比較 /10
2017.01.262017年の物欲その4:ビニール・ポリプロピレン用超強力補修テープ「三京化成工業ピッタリ君」 /2
2017.01.202017年の物欲その3、ネットインデックスのモバイルLTEルーター「NI-760S」6980円 /7
2017.01.122017年の物欲その1、温度調整出来るハンダごて、プラスチックを溶かしてくっつけて何でも修理可能で1600円。 /11
2016.12.222016年の物欲購入品42品まとめ、オススメなガジェット、イマイチなガジェット(後半21品) /1
2016.12.192016年の物欲購入品42品まとめ、オススメなガジェット、イマイチなガジェット(前半21品) /2
2016.12.122016年の物欲その42:SDカードやUSBメモリをWifi経由でアクセス可能にする「エレコムWRH-300CR」 /12
2016.11.242016年の物欲その40「ルンバ770の交換用バッテリー」 /21
2016.09.272016年の物欲その38:巨大な静電気吸着ボード「キングジム・ラッケージRK12090」 /17
2016.08.23スマホ接続サーモグラフィー「FLIR ONE」で遊ぶ続き3(2016年の物欲その33) /6
2016.08.03スマホ接続サーモグラフィー「FLIR ONE」を屋外で使ってみた(2016年の物欲その33続き) /18
2016.07.212016年の物欲その31:充電&2箇所給電同時接続可能なモバイルバッテリー「エレコムDE-M01L-5230」 /8
2016.07.062016年の物欲その15:Amazon FireTV stick続報2〜kodiインストールして快適メディアサーバー化 /15
2016.07.022016年の物欲その28:ふわふわスポンジができる発泡ウレタンソフトF(日新レジン) /9
2016.06.272016年の物欲その27:空間手ぶれ補正搭載のソニー新アクションカメラHDR-AS300、完全にGoProの時代は終わったな /5
2016.06.242016年の物欲その26:ソニーのレンズだけ変態カメラHDR-QX10 /15
2016.06.102016年の物欲その24:暑い季節でもムレない「ブレスエアー」のチェアクッション送料込み1980円 /4
2016.06.052016年の物欲その23:送料込み2300円で買えるGREEN HOUSEの2軸液晶アームディスプレイスタンド「GH-AMC02」 /2
2016.03.242016年の物欲その17「ALTESIMO(アルテシモ)の10型消火器SA10EALリサイクルシール付」 /7
2016.03.212016年の物欲その16のソニーの新アクションカメラHDR-AS50動画画質テスト(昼間) /3
2016.03.192016年の物欲その16「ソニーの新型アクションカメラHDR-AS50」、GoProとの比較 /21



2017.11.24

みんな大好き!Ankerのカタログ値5000mAhモバイルバッテリー「PowerCore Slim 5000」の充電・放電容量を測定してみた(2017年の物欲その62)↑BTW



購入したのは↓

見た目は文句なしです。5000mAhとは思えないほど小さくて薄い!

前回測定して↓面白かったので、今回購入したモバイルバッテリーも測定してみました。
購入して2回ほど使用&充電を繰り返した後の測定になりますのでほぼ新品です。

(省略されています。全文を読む

 Keyword:プリン/147 Android/299
   コメント書き込み・記事単独表示


2017.11.06

ゼロから始めるVR生活!ついにPS VRとPS4proを購入♪(2017年の物欲その60)↑BTW


PS VR販売から約1年やっと買えました。もう買うの止めようと思っていたけど「在庫」ありを見つけてあもわずポチっと!。合わせてPS4proも購入。普通のPS4にしようかと思っていたけどあまりにもまわりにpro買えという人が多いのでPS4 proにしました。ベンチマークが1.5倍ぐらい違うしねえ。中身もずいぶん違うとの噂。合わせて9万円の大出費です。つらい。。。今年の物欲予算は10万近くの大赤字で終わりそう。毎年毎年赤字で良くないので物欲予算はきちんと赤字を繰り越すことにしようと思います。

(省略されています。全文を読む

 Keyword:Oculus/76 アプリ/328
   コメント書き込み・記事単独表示(37〜)


2017.10.27

2017年の物欲その58:送料無料の中国直送電子パーツ↑BTW




Amazonの送料無料の中国直送中華パーツが便利過ぎてDIYがはかどる。

秋月もよく使うけど、たいてい数百円のパーツに毎回500円ぐらい送料がかかって悲しい。

 Keyword:LED/80 中国/250
   コメント書き込み・記事単独表示(22〜)


2017.09.10

2017年の物欲その51:30年ぶりのプラモデル。ハセガワ1/200 ANA B787-8 プラモデル、↑BTW



息子に大きなANAの飛行機を買ってやる約束をしたので調べると、今持っているのが↓

これは大きさにして1/400モデルって感じ。大きさ15cmぐらい。それより大きい1/200モデル(大きさ30cm)を探すと完成品は安くて8000円ぐらいする。↓これは機内誌によく載っているやつかな?
高い!!!しかし、調べてみると自分で作るプラモデルなら2000円弱である。作ればいいじゃん!とケチって購入。

箱。でかい箱に息子大興奮!!!!


中身、真っ白。ぬぬぬ、塗装も全部やらないといけないのか。しかしプラスチック部品はまだかわいいものだった。

(省略されています。全文を読む

 Keyword:セガ/13
   コメント書き込み・記事単独表示(70〜)


2017.08.21

ソニーの第2世代デジタルノートブック「DPT-RP1」購入して2ヶ月半、修理に出したら新品交換されて帰ってきた↑BTW

トラブルは2カ所

↓本体の端がプクっと。。。。これはアレですかね?w、MADE IN JAPAN刻印が泣いてるぞ。

↓もう一つ、ペン先が内部で折れて破片が残り交換不能に


サポートに連絡して着払いで送りつけたところ2週間ぐらいで新品交換となりました。機器IDは4000番台になってました。販売台数ってコレぐらいかな?

ちなみにDPT-RP1が手元にない2週間ですが、これまでのノートはPDFとして同期させているパソコンに全データが残っているのでそれを印刷して持ち歩いて使っていたので何の問題も無い感じでした。紙とのシームレスな使い方に関しても良い感じです。

製品自体は非常に素晴らしく、完全に紙から卒業したところで、今後もずっと使い続けたいんだけど、この機器はソニーストアの長期保証も付けられてない業務用扱い製品。保証の切れた1年後が心配。さすがにこれらのユーザーに責任の無さそうな壊れ方なら良心的な対応してもらえるかな?どちらの壊れ方も例外的な現象だといいなぁ・・・・

 Keyword:DPT-RP1/7
   コメント書き込み・記事単独表示(3〜)


2017.08.17

2017年の物欲その47:塩ビパイプなどの水漏れが直せる「日本特殊塗料」の水漏れ補修パテ「水止め一番」↑BTW


購入したのは↓

家の周囲に植物への水やりダクトが設置されているのですが、配管のあちこちにVP13サイズの塩ビパイプで作ったb分岐、流量調整部分があります。塩ビパイプはこれまでにも多様してきましたが、電動ポンプに接続したりでそんなに高い圧をかけたことが無く、水漏れは問題になりませんでした。しかし今回、上水道の圧力をかけるとヘタに接続した部分からは水が漏れることが分かりました。

特に今回は使い古したパイプを使い、止水テープも使わずに塩ビ用の接着剤を適当に塗って接続したので漏れ漏れです。そこで上記の水漏れ補修パテで水漏れを直すことにしました。

(省略されています。全文を読む

   コメント書き込み・記事単独表示(11〜)


2017.08.09

2017年の物欲その44:レノボの10インチディスプレイ、回転式カメラ搭載AndroidタブレットYOGA Tab 3 10、見た目は良いが、ちと非力だった。ベンチマーク↑BTW


実家の両親とのテレビ電話に使っていた装置が仕様変更により使えなくなったので、実家にSkype可能なAndroidタブレットとして送るために購入。価格は1週間前にkakaku.com最安値店で21000円で購入、今は24000円に上がっているね。ラッキーだったか?

↓後ろに自立させるための台が内蔵されています。


(省略されています。全文を読む

 Keyword:iPad/74 Xperia/77 レノボ/14
   コメント書き込み・記事単独表示(5〜)


2017.08.08

2017年の物欲その43:菅野よう子先生ファンなら必買!マクロスF武道館ライブBlu-Ray「超時空スーパーライブ cosmic nyaan(コズミック娘)」↑BTW


 中古で3000円ぐらいで買えたので購入!Youtubeにいくつかアップされているのを見てずっと欲しかったので大満足、しかし見てウケた、これ、菅野先生が主役過ぎるwww、タイトル「菅野よう子武道館ライブ」でいいんじゃないか?2時間30分間、ステージの中央でピアノ弾きまくり、最後は踊りまくりwww、声優の皆さんがバックダンサー扱いな気がしてならない。Blu-Ray化に当たってもひたすら写ってる。こんなオバさん日本に他にいないだろ。オバさんなんだから自重してくれ、しかし許す!、会場のオタクの皆さんにも完全に受け入れられている感じ。

しかし、May'nの歌唱力すごいわ。


(省略されています。全文を読む

 Keyword:ピアノ/33 Blu-Ray/29
   コメント書き込み・記事単独表示(4〜)


2017.08.07

2017年の物欲その42:ATX電源「サイズIchi Power 250Rev.B 250W IP250B」↑BTW


5年で同じ電源3個目(笑)、リビングの録画パソコンの電源が2年持たない。しつこく3回も購入たのは250WのATX電源「Ichi Power 250Rev.B 250W IP250B」3180円と格安。

他の電源を試してみようかなと思うけど、コレだ!ってのは見あたらないし高いし、これを2年おきに交換すれば良い気がしてきた(笑)しかし確実に長持ちしない感じなので粗悪品は当たりなく粗悪品なのかねぇ。

(省略されています。全文を読む

 Keyword:掃除/48
   コメント書き込み・記事単独表示(107〜)


2017.07.13

2017年の物欲その39「シャープの格安電子ノートWG-S20」(書きごこち動画あり)、ソニーのDPT-RP1との比較↑BTW


すっかり紹介する時期を失ってしまいましたが2015年から2年半ほどシャープの小型格安電子ノートWG-S20を使ってました。今は最新機種のWG-S30が販売されています。現在はソニーの高い電子ノートDPT-RP1に移行しましたがシャープの方が勝っている点もありますので紹介します。

●書き味
表示の追従性はシャープの方が上です。ほぼ遅延を感じません。ソニーは遅れますが慣れれば気になりません。
●ディスプレイ
ソニーの方が圧倒的にコントラストが高く解像度も高いです。シャープは特にコントラストがかなり悪いです。条件がベストの時(外が明るく光源が自分の後ろにある場合など)でも若干ソニーが勝利。
ソニーがEINKなのに対し、シャープは反射液晶と思われます。どちらも真っ暗な環境では見えませんが、薄暗い場合にソニーがかろうじて見えるのに対し、シャープはほぼ使い物になりません。

●バッテリー
ソニーのやつのBluetooth、Wifi等をオフにした場合はほぼ互角かな?若干シャープの方が電池の持続時間が長い気がします。ただ、ソニーのやつはBluetooth等で便利にPCと同期させますので現実には毎週充電が必要です。また、シャープのやつは爪でも書け、ペンに電池がいらないのに対し、シャープは専用のペンが必要です。

●ソフトウェア
ソニーの方がノート機能に関しては多機能ですが、細部はシャープの方が作り込まれています。
またシャープにある「ラインマーカー機能」がソニーにはありません(PDFファイルの文章にラインマーカーを引くことは出来る)

●閲覧ビューワーとして
ソニーはPDFファイルを取り込むことが出来ます。一方、シャープは画像ファイルのみを取り込むことが出来ます。ソニーは手描き内容がPDFとして取り出せる一方、シャープは画像ファイルとして取り出します。

●PC連携
ソニーにはフォルダごとにPCと同期する機能があります。シャープは必要な時に選択してデータを出し入れする方式です。
どちらもUSBケーブルで同期出来ます。ソニーはBluetooth、Wifiで同期も出来ます。
●サイズ
4倍ぐらい大きさが異なります。シャープがA6サイズ、ソニーがA4サイズです。
●価格
10倍近いです(笑)、シャープの前機種のWG-S20は中古で5000円ぐらいで購入可能です、WG-S30の新品は12000円程度、ソニーのDPT-RP1は本体+カバーで9万円です。







ソニーの電子手帳を買った今、微妙なスペックに見えますが、この2年間は雑記帳として便利に使っていました。一番気に入らない点を挙げると暗いところでの液晶の見にくさかな。他は電子ノートとしてよく出来ていると思います。

   コメント書き込み・記事単独表示(5〜)


2017.07.10

ソニーの第2世代デジタルノート「DPT-RP1」購入して1ヶ月感想↑BTW

20年前のPDA時代からの長年の夢だった紙のノートから電子への完全移行についに成功しています。紙のノートが勝っている点はもはや色ペン使えるぐらいかな。また、机を狭くする原因となっていた書類も今後はPDFで管理していくことになるでしょう。こういう使い方をし出すと、このノートが2つぐらいは欲しいところ。

マンガ読むのに便利です(笑)。特に書き込みが多いマンガ。ただ表示がデカイのでもう少しデータの解像度が欲しく思います。

紙媒体で集め出したもの以外は電子書籍(Kindle)で買うことも多くなってきたんだけど、やっぱり使い勝手を考えると紙のマンガ買って自炊してコピーガードも何も無いPDF化が一番だね。

あとPDFの良いところはパスワードかけられるところ!、エロいマンガも管理が簡単ww

購入して1ヶ月経過して気になった点を書きます。

  • 仕事中に1日中使っていると、Wifi/OFF、Bluetooth/ON、NFC/ON設定で1週間持たない。ペンの充電も2週間に一度は必要なのでちょっとめんどくさい。
  • 本体裏面に「MADE IN JAPAN」とある、久しぶりに見たな。だからこんなに高いのかw
  • ペン先はスペアがたくさん付属しているんだけど、1ヶ月経過して既に最初の1個が短くなって交換した方が良さそうな感じ、ちと短すぎる気がする。ペン先商法かよ
  • フォルダー表示機能にソート方法を変更する機能が無い。バカじゃないのか?ソフトの作り込みが足りなさすぎる。シャープの電子ノートの方がよっぽど良い。
  • 手描きで「☆」書くと、「しおり」としてあとで一括表示してくれる凄い機能発見。これは便利!
  • 2つのドキュメントを横に並べて表示出来る機能があるんだけど、なぜか同じフォルダか、最近使ったファイルからしか並べるファイルを選べない。バカなの?
  • 現在11GBのストレージ中1GBを埋めたところなんだけど、「処理中」となり少し待たされることが出てきた。ちょっと不便。
あと、社内外で色んな人が声かけてくるのはプライスレス。

過去の紹介記事

 Keyword:NFC/23 電子書籍/28 PDA/5
   コメント書き込み・記事単独表示(9〜)


2017.07.07

Pebble Timeの腕バンドがちぎれたので、格安交換用ソフトシリコンバンドを購入。悪くない感じ(2017年の物欲その37)↑BTW

購入して1年半、睡眠分析のために寝る時もずっと装着しているPebble Timeの腕バンドがついにちぎれてしまいました。

材質はシリコンでしょうか、ハンダごてで400℃まで加熱してみましたが溶けずに焦げるだけでした。瞬間接着剤(シアノアクリレート)でくっついたので一次しのぎましたが1ヶ月持たない感じです。そこで交換品をゲットしました。

購入したのは↓幅22mmという商品で、他のPebbleのスマートウォッチと共通で使えるみたいです。

送料込800円。予想どおり中国からの直送で届きました。比較的到着まで速く2週間かからなかったです。
(省略されています。全文を読む

 Keyword:Pebble/76
   コメント書き込み・記事単独表示(8〜)


2017.06.16

ソニーの第2世代デジタルペーパーDPT-RP1購入1週間後気になったポイント18個、手描き内容のコピペ、移動などもOK(動画)↑BTW

前回の紹介の続きです。
↓年間何百と読まないといけない書類。印刷することなく、デジタルペンで手描きメモしながら紙と同じ感じで読み、場所をとらずに保存出来ます。

感じるのは「ペン」というユーザーインターフェースがいかに優れたものであるかということ(人間が慣れているだけかもしれないけど)。今はペンよりキーボードの方が早いと思っているけど、ペンはマウス機能も含まれているし、もう少し工夫してソフトが進歩すれば、キーボードよりペンの方が情報出力スピード早いって可能性もあるんじゃないかな?

↓図も綺麗に見ることが出来ますが、モノクロ16階調なので識別に色が必要な場合はさすがに問題ありです。


以下、使ってみて感じたポイント20です。
(ハードウェア、かきごこち)

  • 1.表面がつや消し処理&ペン先の材質の工夫。で書いてる摩擦感、抵抗感がちょうど鉛筆で書いている感じで素晴らしい。ただもう少し摩擦無くても良いかも、ペン先材質の工夫でどうにかなるかな?
  • 2.手が汗かきだと少しディスプレイに跡が残る。ただ画面はつや消し加工なので目立つことは無い。
  • 3.ペンに2つあるボタンの位置が邪魔、消しゴムもラインマーカーもそこまで使わないので別の位置、または少し凹んだ位置にあっても良いと思う。
  • 4.本体の両側にペンをホールドする部分があるけど、少し固定強度が弱い、ペン落としそう。
(ソフトウェア、かきごこち)
  • 5.筆跡の追従性は少し足りない、たぶん次期モデルで問題なくなっているぐらい、ただ表示が遅いだけできちんとトレースしてくれるので慣れれば問題なし。
(ソフトウェア、各種機能)
  • 6.GUIに「長押し」の概念がなく、タブレット、スマホに慣れているとちょっと直感的に使いにくい。改善して欲しい。
  • 7.ノートを拡大出来る機能は便利だが、倍率が2倍、4倍しかなく、もう少しシームレスに拡大倍率を変えられるとgood、あとノートの端の方を拡大した時は、記入不可な部分は表示する必要無いだろ、ソフトの作り込みが甘い
  • ノートのスペースが足りなくなることがある、範囲を指定して縮小、拡大する機能があるといいな。
  • 8.フォルダを開いたりするメニュー画面のレスポンスももう少し早いと良い。イライラする。
(PCとの連携機能)
  • 9.PCとのデータ同期には「Digital paper app」という専用アプリが必要だが、Win/MacOS用しか準備されていない、バカか、早くAndroid、iOSアプリ作れよ。
  • 10.データ連係機能自体は快適、Digital paper appを入れるとドラッグ&ドロップでファイルをPCと受け渡し出来る、またSync機能も充実しておりPC上の特定フォルダとデジタルペーパー内の特定フォルダを同期可能、ただ、自動同期の間隔が最短10分なので不便、PC上またはデジタルペーパー上に変更があればオンデマンドで同期する機能が欲しい。
  • 11.同期方法はUSBケーブル、Bluetooth、Wifiと何でもありでOK、いずれの場合も本体がマスストレージとして認識されるわけではないので不便だけど、社内のセキュリティにひっかからないので今のところ良かった。
  • 表面カバーだけの専用ケースが欲しい。まあ、現在販売されている裏面付きの8000円もするやつを買っちゃったので買わないと思うけど。
(ソフトウェア、仕様)
  • 12.パスワード保護されているPDFにもきちんと対応。手描きに何か書いてもきちんと含めて保存してくれる。
  • 13.手描きした内容はデジタルペーパー上では黒だけど、実際は青色としてPDFファイルに保存されている。また、赤ペンも選べる。
  • 14.ペンにわざわざハードウェアボタンが搭載されているラインマーカー機能が既存PDFの文字専用。普通のノートでもラインマーカーが使いたい。シャープのデジタルノートは出来たぞ。
  • 15.以前の機種DPT-ST1ではWebブラウザ搭載されていたらしいけど無くなった?
  • 16.どうやら法人向けには「連携サーバー」という機能で様々なデータシェアリングのソリューションあるらしい、データ連係は単なるWebDAVらしいとのこと。仕様を公開して欲しい。BluetoothやWifiでPCと常時データ連動出来るので色々と可能性が広がる。
  • 17.スケジュール機能の拡充をお願いしたい。具他的にはGoogleカレンダーの内容をPDF化して本体に自動保存してくれるような機能が欲しい。
  • 18.書いた文字を範囲を指定して、コピーしたり削除したり、他の文章にコピーしたり可能。これは便利↓

 Keyword:Google/231
   コメント書き込み・記事単独表示(152〜)


2017.06.08

2017年の物欲その30:ソニーの第2世代デジタルペーパーDPT-PR1購入!普通に紙のノートを超えていた!(動画3つ)↑BTW


 ついに紙がオフィスから姿を消す日も近いんだなと思いました。購入したのは2017年6月5日発売のソニーのデジタルペーパー「DPT-PR1」、3年半前に発売されたソニーの初代デジタルペーパー「DPT-S1」から「手描き性能」を強化して、値段も安くなったとのことで買いました。

 表示に電力を必要としない「電子インク」とか言われるディスプレイを搭載しています。大きさは後ほど比較画像掲載してますが、ぴったりA4の紙と同じサイズ、厚さ5.9mm重さ349gしかありません。書類に埋もれて無くしそう。解像度は2200×1650ピクセルの16階調モノクロで大変精細で綺麗です。コントラストはもう少し改善の余地あり、Kindleのペーパーホワイトより悪いです。記憶領域は11GB、PDFのみが保存可能で、自由に落書き出来ることに特化しています。PDFのみで埋めることは不可能な大容量です。

 手元に届いてまだ24時間、同じ値段でマイクロソフトのSurfaceとかiPad proとか買えるのでちょっとだけ悩みましたが、今のところこの製品を購入して正解だった感じています。


 上記の動画(2分)では本製品が非常に精細なディスプレイであることが分かると思います。あと手描き時の遅延が若干あることが確認出来ると思います。動画をよく見てもらうと分かりますが、書いた文字は最初荒く表示され、その後自動で16階調を生かしてアンチエイリアスがかかり綺麗に表示されます。ペンの太さは6段階ぐらいで様々に選ぶことが出来ます。そしてPDFに自由に書き込み、保存、削除が可能です。

 手描き機能以外にPDF内の文章にラインマーカーをひくことが出来ます。付属のペンには2つボタンがあるのですが、1つが消しゴムボタンで、もう一つがラインマーカーボタンです。
 購入前に想定していなかった重要なポイントと思うのですが、ノートを自由に拡大して記入出来るので「A4ノートに記入する」というよりは、もっと大きなサイズのノートにメモする感覚で使用可能です。この点が非常に気に入りました。別の言い方をすると丸一日分の会議の内容をページをまたぐことなくA4のPDFに非常に小さい文字で大量にメモ出来るという感じです。

他に仕様↓を紹介すると
バッテリー持続時間は書き込み続けて30時間とのことです。が、WifiをOFFで最長3週間、WifiをONで最長1週間と書かれています。BluetoothとWifi内蔵ですがこのデータ転送機能はまだ使っておらず後日紹介します。充電端子はペン、本体ともmicroUSB、プロセッサーはMarvell IAP140 64bit quad-coreと書かれています。


(省略されています。全文を読む

 Keyword:マイクロソフト/30 英語/107
   コメント書き込み・記事単独表示(17〜)


2017.05.25

2017年の物欲その29:Ankerの4ポート×合計最大出力40WのUSB充電器。ケーブル無しのコンセント直挿しタイプ↑BTW

↓我が家の朝の状況。ツマとUSB充電端子を取り合って大変なので4ポートのやつを購入しました。


この手の製品は多数ありますが、この製品を選んだポイントは(1)高出力であること、(2)ケーブル無しでコンセントに直接させること。って感じです。

下記の6ポートと悩んだんだけど、コンセント直挿しじゃないのが気に入らず却下しました。ただでさえケーブルでゴチャゴチャしているのでコンセント直挿しが好ましいと思ったのです。

(省略されています。全文を読む

   コメント書き込み・記事単独表示(2〜)


2017.05.22

2017年の物欲その28:中国製な格安安定化電源「wanptek KPS305D」。最大出力30V×5Aで送料込み6000円弱↑BTW



Amazon.co.jpで送料込み8400円、AliExpressで49ドル送料込み(今見たら56ドルに値上がりしている)、もちろん、AliExpress経由で購入しました。
注文後9日ぐらいに日本郵便経由で到着。説明書と、検品合格書と、日本用の変換プラグ付きのACアダプター、電源供給用のケーブル1セットが付属。


(省略されています。全文を読む

 Keyword:PS3/6
   コメント書き込み・記事単独表示(16〜)


2017.05.12

先日買った東芝のノートPC用ACアダプター互換品980円に秘密がw↑BTW

先日購入した↓

なんですが、使っていると、ん?「AC ADAPTER」って表記の黒いシールがズレて剥がれてきた。はがしちゃえ。

剥がしたら「TOSHIBA」って書いてあるw。なんだよ正規の工場からの流出品かよwww。クオリティが高いわけだ。


TOSHIBAは工場から980円以下で仕入れて2500円で売っているわけだ。いい商売だな。

 Keyword:東芝/35
   コメント書き込み・記事単独表示(28〜)


2017.04.28

2017年の物欲その27:ノートPCを充電するための19V出力の激安互換ACアダプター送料込み980円↑BTW


クオリティー的にも正規品と違いは見られない。正規品も3000円ぐらいで買えるけどこの非正規品の方が大きさが2/3ぐらいで小さいんだよね。

 PC本体は仕方ないとしてACアダプター持ち歩くのも取り外しも面倒なので、会社PCの充電用に実はこれで購入2つ目。正規付属品合わせて3つの充電器持ってる。会社と自宅に設置して本体のみを持ち歩いている感じ。

 非正規品で怖いので念のため一応購入時に電圧方向と電圧チェックしてますw


充電器表面の表示、この表示を自分の目で眺めていて気がついたけど、俺、老眼始まっているかもw。目から20cmぐらい離さないと焦点あわねー。昔からかな?

   コメント書き込み・記事単独表示(11〜)


2017.04.19

アメリカのAmazon.comで買い物したら故障品だったので返品した、返品送料もAmazonがほぼ負担してくれて良い感じ↑BTW

海外通販がすっかりお気軽に利用出来るようになった世の中ですが、やはりAmazon.comは別格ですね。自分のアカウントから返品を選び手続きをすると必要書類のPDFも作ってくれて後は送るだけ、返品にかかった費用の一部も負担してくれます。

参考に紹介します。Amazon.comの使い方はAmazon.co.jpとそっくりで、注文履歴から「Return item」を選び、理由を選びます。選べる理由は

  • Better price available(他でもっと安く売っていた)
  • Product damaged but shipping box OK(発送ボックスはOKだが商品がダメージを受けていた)
  • item arrived too late(商品が届くのが遅すぎる)
  • Missing parts or accessories(部品や付属品が足りない)
  • Product and shipping box both damaged(商品も発送BOXも両方壊れていた)
  • Wrong item was sent(間違った商品が送られてきた)
  • Item defetive or doesn't work(商品が壊れていて動かない)
  • Received extra item I didn't buy (no refound needed)(余分な商品が送られてきた、返金不要)
  • No longer needed (購入したけどいらなくなった)
  • Didn't approve purchase(注文したつもりが無い)
  • Inaccurate website description(ウェブサイトの説明が正確では無かった)
と、ありとあらゆる理由で返品に受け付けています。英語で説明する必要はありません。

手続きを済ませると上記のような画面になり購入した商品の値段分の返品&返金手続きが開始します。また、商品を受け取った後15ドルまで返金コストをAmazonが負担すると書いてあります。

そして下記のような発送に必要なInvoiceや送付状などのPDF、商品とともに同梱する必要のあるバーコードなどのPDFが印刷出来る画面になります。今回バッテリーを含んでいるので「リチウムバッテリー入り」って大きな文字のラベルも貼り付ける用に出力されています。

(省略されています。全文を読む

 Keyword:アメリカ/220
   コメント書き込み・記事単独表示(3〜)


2017.04.21

2017年の物欲その25:ビアンキ(bianchi)のショルダーベルト付きブリーフケースTBTC-14ブラック↑BTW


会社のパソコンを持ち歩くことが多くなって、手持ちの4年半使っているaniarayの皮バッグだと壊れそうだったので新規購入。ポイントはB5ノートPCとACアダプタを快適に持ち歩けること、肩に食い込まないしっかりとしたショルダーベルトが付いていること。オシャレなことです。


(省略されています。全文を読む

 Keyword:自転車/147
   コメント書き込み・記事単独表示(7〜)


2017.04.13

2017年の物欲その21:ダイソーの400円LED電球。白熱電球や蛍光灯と発熱をサーモグラフィーで比較↑BTW


この電球は60W相当、明るさ810lm、7.5Wとのことです。定格寿命は表記を信じるなら4万時間。ちなみに40W相当のLED電球は300円で売られていました。


見た目は普通の白熱電球ですが、白い部分はガラスではなくプラスチックです。ちょっと不安でしたが後ほど問題無い理由が分かりました。


ライティングバーに4つの電球を付けてみました。左下から、右上にかけて、(1)ダイソーLED電球60W相当、(2)白熱球40W、(3)電球型蛍光灯60W相当、(4)ダイソーLED電球60W相当です。
まぶしー。明るさはどれも同じ感じです。しかし点灯してから30分ぐらいしてサーモグラフィーで見ると・・・・


電球型蛍光灯は表面温度が80℃に達しています。


それに対してダイソーのLED電球は35℃程度。

これならプラスチックでも問題無いし、電球型蛍光灯よりも間違いなく省エネだね。

気になるのは寿命ですが、4万時間ってずっと付けっぱなしで4年ですが、まあ2年持てば許せるかな。。
先端の白い球形の部分を切り取ったらダウンライトとして使えるんでしょうか?

   コメント書き込み・記事単独表示(10〜)


2017.04.08

2017年の物欲その19。1300円で買えるTaoTronicsのスマホ自転車ホルダー「TT-SH013」↑BTW



ポケモンGOで夏までにレベル35を実現するために購入。安いのに良い品質と思います。


(省略されています。全文を読む

 Keyword:ポケモンGO/332
   コメント書き込み・記事単独表示(8〜)


2017.04.05

燻製作製用に低出力の電気コンロを購入、食卓での鍋の保温に使ってみてサーモグラフィーで確認してみた(2017年の物欲その18)↑BTW




購入したのは↓

買ったとき1900円だったのに2700円ぐらいに値上がりしてやがる。出力は300Wまたは600Wが選べます。屋上で燻製を作り用に購入。先日、鍋をしようかと思ったらカセットコンロのカセットが切れていて仕方なくこの電気コンロを保温に使いました。

非常に非力なのでこの状態の鍋を80℃→86℃に上げるのに2分かかります。下記は24倍速でのタイムラプスサーモグラフィー撮影。サーモグラフィーはこの前購入したこれです。

(省略されています。全文を読む

 Keyword:タイムラプス/18
   コメント書き込み・記事単独表示(6〜)


2017.03.16

2017年の物欲その14:液晶ディスプレイの上をものおきに出来るキングジム「ディスプレイボードDB-500」↑BTW



さらに荒れ放題の自室の改造を進めています。今回は2面ある23インチ液晶ディスプレイの上にモノが置けるようにするキングジムの「ディスプレイボードDB-500」を2つ買ってみました。最初1個買って、良さそうなのでもう1個注文。2000円超えているのでAmazonで送料無料でゲット出来ました。


(省略されています。全文を読む

   コメント書き込み・記事単独表示(6〜)


2017.03.06

2017年の物欲その11:CowTech Engineeringのオープンソース3DレーザースキャナDIYキット。入手にずいぶん時間がかかった↑BTW



アメリカから直接送られてきました。この3Dスキャナ「Cowtech Ciclop」はオープンソースの作り方が公開されている3Dスキャナ「BQ Ciclop」と同じデザインとソフトウェアを採用しているそうです。全てパーツを集めて自分でDIYすることも出来ますが、色々と大変です。今回購入したのは、一部の部品を自分の3Dプリンターで印刷する代わりに格安になっている商品で119ドル、日本への送料が35ドル、合計154ドルでした。日本円で17000円ぐらい。

ちなみに3Dプリンターを持っていない人向けに全てのパーツが付属したキットが40ドル高い159ドルで売られています。

↓この箱のままUS Post→日本郵便ルートで送られてきました。箱ぼろぼろ、しかしスタートアップ企業なのにしっかりとオリジンルデザインの箱を用意しているとはビックリです。


↓中身、非常にしっかりと包装してあります。スタートアップ企業とは思えない丁寧さです。ボックス3つにはすっかりと「CowTech」ロゴのシールが貼ってあります。名前もロゴもノリが謎ですが、モンタナ州で企業したメーカーみたいです。他のパーツは太いアクリル板を加工したものです。他にウレタンマットなど


(省略されています。全文を読む

 Keyword:Arduino/13
   コメント書き込み・記事単独表示(2〜)


2017.03.03

2017年の物欲その10:蛇口に取り付けるプログラムタイマー「藤原産業セフティー3 散水タイマーSST-3」、単3×2で1年間連続駆動↑BTW



現在、自宅の自動水やり環境を構築中です。めざせジブリに出てくるようなモフモフ緑化住宅!、水の供給元としてはタンクに貯めた水を使うのと、蛇口から直接の2パターンありますが、とりあえず屋上の蛇口から直接水を供給する方式で進めています。

購入したのは↓。4000円。


(省略されています。全文を読む

 Keyword:ジブリ/43
   コメント書き込み・記事単独表示(5〜)


2017.03.01

2017年の物欲その9:貝沼産業のシリコンチューブ100メートル分、しかしちょっと騙された。↑BTW



現在、自宅(屋上、2階のバルコニー、庭含め)の自動水やり装置を構築中です。水の供給原は屋上で庭の端まで15mぐらい。100mぐらい欲しかったので安いチューブを探していました。


(省略されています。全文を読む

 Keyword:orz/108
   コメント書き込み・記事単独表示(5〜)


2017.02.21

2017年の物欲その8:2×2のルービックキューブ送料込み273円↑BTW



273円送料込みの中国直送品ですが、よくあるケースも無い商品とは違いきちんとした箱付き、説明書付きです。使ってみた感じも問題無しです。

うちの3歳児の知育用に購入。1個与えたところメチャクチャ興味してガチャガチャ回してます。しかし色を揃えられないのにイライラ。「ほら、こうやるんだよ」とお手本を示さないといけないところですが、俺自身が人生で1面揃えた経験が数回ある程度で、元に戻してあげられず。ネットに落ちていたHOW TOページ見てみたけどけっこう難しいなぁ。まだ2面目以降を揃えられる原理が理解出来ません。

   コメント書き込み・記事単独表示(4〜)


2017.02.14

2017年の物欲その7:防水100万画素無線LAN接続監視カメラ「TENVIS TH692」↑BTW


自宅防衛のため購入しました。なかなか完成された商品です。監視カメラは抑止力的な意味が強いと思っているのでダミーカメラでも良いかなと思ってましたけど、この製品は非常に高画質、動体検知により静止画、動画(H264圧縮)を記録し、メール通知したり、指定のFTPサーバーに保存してくれたりと優秀です。

購入したのはTENVISって会社のTH692という商品。色々な製品がありますが屋外に設置予定なので防水の機種を選びました。

Amazonで8000円ほどです。
↓箱です。良い品質です。


(省略されています。全文を読む

   コメント書き込み・記事単独表示(44〜)


2017.02.13

2017年の物欲その6、お手軽価格の充電式掃除機シャープFREED2「EC-SX210-A」、エレクトロラックスのエルゴラピードとの比較↑BTW


4年ほど使っていた充電式の掃除機が電池異常で使えなくなったため買い換えました。良い感じです。サイクロン掃除機2台目なんですが、今回の機種はゴミボックスが非常に見やすいため掃除されているのが分かって良いです。ゴミボックスは前機種よりずいぶん小さいですが、充電池の持続時間を考えると十分な大きさ。

本体は写真のようにバランスとって自立して立てられるようになってますが、地震が来たら倒れるので壁に固定する器具が付属しています。

Amazonで25800円送料込み、実際はkakaku.com最安値のPCボンバーで22980円(カード不可)で買いました。
(省略されています。全文を読む

 Keyword:地震/32
   コメント書き込み・記事単独表示(10〜)


2017.01.26

2017年の物欲その4:ビニール・ポリプロピレン用超強力補修テープ「三京化成工業ピッタリ君」↑BTW




いちご農家の両親に勧められて購入、かなり高いけど接着力凄まじいです。屋外に放置しても丈夫らしい。テープも極めればここまでイケるのか。自由に手で切れる点も便利です。ゴミまとめたりとか普段使いにはオーバースペックかも。さらにUV耐性を高めた商品もあるようです。

先日から作っているバルコニーのプチ温室のビニールを2重にするために購入しました。しかし、二重にして密封してみたのですが、まったく保温効果が上がりません。一昨日も2℃ぐらいまで下がっていたorz。二重にしたことで外気温+2℃だった性能が外気温+3℃になった程度。う〜む。

   コメント書き込み・記事単独表示(2〜)


2017.01.20

2017年の物欲その3、ネットインデックスのモバイルLTEルーター「NI-760S」6980円↑BTW



購入したは↓

用途は親のいちご農園の温室にRaspberry Piで作ったリモート温度計を設置するため、この機種を選んだ理由は「バッテリーを入れずに外部電源接続で利用可能」と書いてあった点が気に入りました。残念ながらバッテリーの持続時間等は分かりませんし、試す予定もありません。
そして中に入れるSIMは月額500Mbyteまで無料で利用出来るso-netの0SIMを使います。俺はnanoSIMで契約しているのでSIMサイズコンバーター使って挿入しています。

(省略されています。全文を読む

 Keyword:microSD/56 インデックス/6 ネットインデックス/21
   コメント書き込み・記事単独表示(7〜)


2017.01.12

2017年の物欲その1、温度調整出来るハンダごて、プラスチックを溶かしてくっつけて何でも修理可能で1600円。↑BTW


こりゃ、素晴らしい。もっと早く存在を知って購入したかった。もうプラスチックの修理に接着剤なんて使ってられんね。強度が違う。しかもクソ安い。1600円


(省略されています。全文を読む

   コメント書き込み・記事単独表示(11〜)


2016.12.22

2016年の物欲購入品42品まとめ、オススメなガジェット、イマイチなガジェット(後半21品)↑BTW

前半↓に引き続き後半の21品です。

前半は小物が多かったですが、後半は物欲が爆発してます。

●買って良かったもの
超コンパクトになる三脚のおかげで持ち歩く機会が増えました。ディスプレイアームはデスクがスッキリしてオススメです。光学手ぶれ補正搭載のアクションカメラHDR-AS300は素晴らしすぎます。今すぐGoProは窓から投げ捨てましょう。静電気吸着伝言板は良いと思います。掲示物がすっきり、3Dプリンターは今後も使うと思います。壊れなければ。良い買い物をしたと感じています。ポケモンGOプラスはまだプレイしている人は買うべきでしょう。経験値やボールがホイホイ溜まっていきます。

●イマイチだったもの
エアクッションは何か滑りが良すぎるのと、椅子のサイズよりも少し大きめで何か座りにくいです。ソニーのヘンタイカメラHDR-QX10はあまり使わなかったのでオークションでリリースしました。サーモグラフィーは非常に面白いんですが、値段を考えると一通り遊んだ後は使用頻度低めです。

 Keyword:サーモグラフィー/27 GoPro/65
   コメント書き込み・記事単独表示(1〜)


2016.12.19

2016年の物欲購入品42品まとめ、オススメなガジェット、イマイチなガジェット(前半21品)↑BTW

年間50品目標に紹介したかったのですが、42品しか紹介出来ませんでした。まあ買ったけど紹介してない品が10品以上ありますが。。。。。

今年紹介した製品のうち前半21品のリストが下記となります。

●オススメなもの
・microUSBでも使えるUSBメモリ:便利に使っています。パソコンからスマホにデータを渡す時、多くはGoogle Driveでやってますが、動画とか大きなデータの受け渡しに便利。オススメです。
・A3サイズのラミネーター:息子のオモチャを買った時の説明書を全てラミネートしています。しないとすぐにぐちゃぐちゃになるので。3歳児は説明書も色々書いてあって興味津々なので、劣化しないのは重要
・Amazon Fire TV Stick:素晴らしいです。Amaazon Primeに入らなくてもYoutubeを見たり、KodiでNAS上の動画を再生したりと便利に使えます。
・ホンダ・ヴェゼル:満足しています。値段のわりに大きくて高い車に見えるらしい。オプションのサイドフェンダーは好評です。
●イマイチなもの
・スーププロセッサー:ツマは便利に使っていますが、作れる液体量が少なすぎてイマイチです。ほぼフードプロセッサーとして使用されている感じ。
・ソニーのアクションカメラHDR-AS50、GoProと変わらぬ性能で良い製品ですが、今なら光学手ぶれ補正のついた上位機種を買うべき、俺は既に上位機種に買い換えてオークションで売り飛ばし済みです。

 Keyword:学習/63 HDR-AS50/16 ホンダ/51
   コメント書き込み・記事単独表示(2〜)


2016.12.12

2016年の物欲その42:SDカードやUSBメモリをWifi経由でアクセス可能にする「エレコムWRH-300CR」↑BTW


 使っているノートパソコンは通常サイズUSB端子や通常サイズSDカードスロットが無くて不便でした。microUSB端子はあるので変換ケーブルを連結してつなげることは出来るのですが、これ以上ケーブル増やしたくないし

購入したは↓

同様の機能を有する機器は中華製をはじめ何年も前からあり、以前にも購入したことがありますが、最近はこなれてきて良い感じです。超小型の本体には有線LAN端子、USB端子、microSDスロット、SDスロット、電源用のmicroSD端子があります。かなりの高密度パッケージ。


(省略されています。全文を読む

   コメント書き込み・記事単独表示(12〜)


2016.11.24

2016年の物欲その40「ルンバ770の交換用バッテリー」↑BTW



5年前に購入したルンバ770↓

が30分で力尽きるようになってしまったので交換用バッテリーを注文しました。
純正の交換バッテリーが約1万円↓3000mAh
今回買った互換品、容量4500mAh

(省略されています。全文を読む

 Keyword:ロボット/90
   コメント書き込み・記事単独表示(21〜)


2016.09.27

2016年の物欲その38:巨大な静電気吸着ボード「キングジム・ラッケージRK12090」↑BTW



小さいやつ↓を買って気に入ったので巨大なのを購入しました。型番が表わすように横1m20cm、高さ90cmのボードです。付属の固定具はボードの上端2か所にネジで止めるタイプ。ボードはそれなりに重いので太目のネジor釘を使った方がよいかも

価格は14800円送料込みって感じ↓

(省略されています。全文を読む

   コメント書き込み・記事単独表示(17〜)


2016.08.23

スマホ接続サーモグラフィー「FLIR ONE」で遊ぶ続き3(2016年の物欲その33)↑BTW

↓の続きです。

↓実写が無いと分かりにくいですが中央にRaspberry Piがあります。電源につなぐ前、AC-USBアダプターがさっそく熱を持っています。


(省略されています。全文を読む

 Keyword:エプソン/16
   コメント書き込み・記事単独表示(6〜)


2016.08.03

スマホ接続サーモグラフィー「FLIR ONE」を屋外で使ってみた(2016年の物欲その33続き)↑BTW

先日屋内で遊んでみた↓を紹介しましたが深夜に屋外で遊んでみました。

↓むむ、この車、さっきまで使われていたな!ボンネット上面と、タイヤの温度が高いのが分かります。前輪と比較すると後輪の温度が低いのはなぜでしょう?


↓夜8時ぐらいでしたが車道部分(アスファルト)がまだ32℃程度の熱を持っているようです。歩道のコンクリートは温度低め、


(省略されています。全文を読む

   コメント書き込み・記事単独表示(18〜)


2016.07.21

2016年の物欲その31:充電&2箇所給電同時接続可能なモバイルバッテリー「エレコムDE-M01L-5230」↑BTW


来るべきPokemon Go生活に備え、モバイルバッテリーが世界的品不足になるとの世界的流れがあるみたいなので(笑)、現在使用しているお気に入りのモバイルバッテリーを紹介します。送料込み2600円でワイモバイルのAQUOS CRISTAL Yを2回フル充電出来る容量があります。

 特徴は充電情況を4段階のLED表示してくれるので分かりやすい。充電は2つの機器に対して同時に行うことが出来ます(最大出力3A)。また、このバッテリーの特徴として充電と給電の切り替えスイッチがあるわけではないので充電と給電を同時接続可能です。←この機能が気に入ってこのモバイルバッテリーを買ったのですがこの仕様にはちょっとクセがあります。

上記はモバイルバッテリー本体を充電しながら給電しているつもりの図ですが、しかしよく見てみると接続されているモバイルルーターには給電されていません。「充電と給電同時接続可能」ではありますが、「給電はモバイルバッテリー本体が満充電になった後開始」という仕様です。

ゆえに
・寝ている間にAC-USBアダプタ1つでモバイルバッテリーもスマホも充電
って使い方は可能ですが
・モバイルバッテリーを充電しながらモバイルルーターを使用
って使い方には不向きです。

ちょっと残念。給電有線で余った電力で本体を充電ってのが理想なのですが。

↓パッケージ


↓参考にこんな記事もありました。

   コメント書き込み・記事単独表示(8〜)


2016.07.06

2016年の物欲その15:Amazon FireTV stick続報2〜kodiインストールして快適メディアサーバー化↑BTW



3月に購入したAmazon FireTV stickですが今では無くてはならないものになりました。

 一番のユーザーは3歳の息子で、Youtubeでエンドレスで電車と飛行機とプラレールの動画の視聴です。すっかり絵本に興味が無くなり少し心配ですが、動画見て言葉覚えているみたいなので良いかな。最近「kodi」というAndroidアプリを入れてメディアサーバー化したところ、さらに便利になりました。このアプリはLANにつながっている共有フォルダ中の動画を再生出来るメディアサーバー的アプリです。同じことはAmazonのAppストアにあるVLC Playerと同じですが、kodiでのみBlu-Rayをデータ化したような大容量mkvファイルもスムーズに再生可能でした。字幕、音声の切り替えも自由に出来ます。

 購入して3ヶ月ですが一度トラブルがありました。Fire TV stick中のOSが壊れたのか表示がメチャクチャになってしまい、リモコンの右ボタンが押せなくなるという謎な障害でしたが、かろうじてAndroidにインストールしたリモコンアプリから操作とPINコードの入力が出来たため「工場出荷時にリセットする」機能で復旧させることが出来ました。

 他の不満としては動作が少し遅いなと思います。もうワンランク上の「Amazon Fire TV」は高速CPU搭載で早いらしいのでそちらにしておけば良かったかもしれませんが、値段差を考えるとFire TV stickで満足です。またYoutubeアプリにかなり不満があります。Amazonの動画コンテンツと競合しているせいかどうか知りませんが、お気に入りに追加する機能が無かったり、スマホのリモコンアプリから文字入力出来ず、十字キーを使って文字入力しないといけなかったりと使い勝手が悪いです。

そういえば7月12日はAmazonプライム会員が美味しい思いをする年に一度のPrimeデーらしいですよ。


(省略されています。全文を読む

 Keyword:blog/453
   コメント書き込み・記事単独表示(15〜)


2016.07.02

2016年の物欲その28:ふわふわスポンジができる発泡ウレタンソフトF(日新レジン)↑BTW


親にイチゴを長距離輸送出来る容器を作ってほしいと頼まれて購入。

↓この製品は販売終了となり、最新版「発泡ウレタンソフトF-2」が売られています。発泡開始するまでの時間が長くなり使いやすくなっているとのこと。

↓中身


(省略されています。全文を読む

   コメント書き込み・記事単独表示(9〜)


2016.06.27

2016年の物欲その27:空間手ぶれ補正搭載のソニー新アクションカメラHDR-AS300、完全にGoProの時代は終わったな↑BTW


思わず勢いでポチってしまい届くまでかなり後悔したけど、実機の性能を見て幸せに包まれています。マジで凄いこの手ぶれ補正。断言しようGoProの時代は終わった!

↓HDR-AS300を持って走ってみました。

電子手ぶれ補正より遙かにブレ補正が効いていて、かつ電子補正でがっかりしたような細部の解像度ディテイルの低下もありません。

今回空間手ぶれ補正搭載のアクションカムとしてフルHDまで搭載のHDR-AS300と、4K動画対応のFDR-X3000の2つが発売されましたが購入したのは安い方のHDR-AS300です。うちのパソコンは4K再生する能力無いし、ディスプレイもフルHDです。容量もでかくなるだろうし、色々不自由するよりはフルHDで良いかなとの判断です。リモコン無しバージョンで38000円で購入。


(省略されています。全文を読む

 Keyword:HDR-AS300/5 4K/139 GPS/89
   コメント書き込み・記事単独表示(5〜)


2016.06.24

2016年の物欲その26:ソニーのレンズだけ変態カメラHDR-QX10↑BTW




中古で7000円で売っていてつい突撃してしまった(笑)かなり小さくて、誰に見せてもイケナイ事に使えそうと言われる(笑)、電源ON後にレンズが出る時も音は最小限。シャッター音もなりますがかすかな音になってます。

本体には電源ボタン、ズーム調整ボタン、シャッターボタンのみ。光学10倍ズーム、光学式手ぶれ補正が付いているのが嬉しい。残念なのはフルHD、30fpsの動画撮影が可能にも関わらず本体のみで動画再生をスタートさせられないことかな、動画再生はスマホ連携時のみ可能です。

ネットでの価格は新品で18000円程度、中古で13000円程度、ただしオークションでは6000円台で落札されていることもあるようです。


(省略されています。全文を読む

 Keyword:ソニー/183
   コメント書き込み・記事単独表示(15〜)


2016.06.10

2016年の物欲その24:暑い季節でもムレない「ブレスエアー」のチェアクッション送料込み1980円↑BTW



去年、会社用に購入して良かったので自宅に同じものを購入。クッションの中身はほとんど「空気」って感じの荒いスポンジ構造になっています。座った感じヒンヤリってことはありませんが蒸れることはありません。外から帰ってきた後に座ると汗はかいているのですが汗が出ているのに気がつかない感じ。1年間使いましたが耐久性も十分と思います。

ムレムレになる前に1つどうでしょう?

   コメント書き込み・記事単独表示(4〜)


2016.06.05

2016年の物欲その23:送料込み2300円で買えるGREEN HOUSEの2軸液晶アームディスプレイスタンド「GH-AMC02」↑BTW


購入したのは↓。楽天の方が100円安いです。


(省略されています。全文を読む

   コメント書き込み・記事単独表示(2〜)


2016.03.24

2016年の物欲その17「ALTESIMO(アルテシモ)の10型消火器SA10EALリサイクルシール付」↑BTW



Amazonベストセラー1位なのでこれを選びました。スペックはよく分からない。

こんなにデカイのに4000円かよ。安いね。アルミ製容器で20%軽く、設計寿命は10年。

子供がイタズラしない置き場所が難しい・・・・・・・

(省略されています。全文を読む

   コメント書き込み・記事単独表示(7〜)


2016.03.21

2016年の物欲その16のソニーの新アクションカメラHDR-AS50動画画質テスト(昼間)↑BTW

↓先日購入したソニーの新アクションカメラHDR-AS50

を引き続きテストしてます。前回撮影した深夜の動画で以前使っていたGoPro HERO3+ Silverと比較してどうもコントラストが甘くて粉っぽい印象がありました。原因として「電子手ぶれ補正」と色彩を「鮮やか」にしているのが気になったので、それらをオフにしてみました。今回は昼間の撮影です。

結果として、昼間の画質は良好。色彩を「ニュートラル」にしたせいかもしれませんが、GoProと比較して透明感のある微妙な色合いがよく再現出来ており満足です。HDR-AS50には1920p×30fpsで16Mbps程度のMP4モードとXAVC Sモードと呼ばれる50Mbpsで撮影するモードがあり、両方試してみましたが、明らかに50Mbpsにすることで細部が映ることもあれば、16Mbpsで十分か感じで、特に暗所では50Mbpsにすることで粉っぽさが目立つようなシチュエーションも、う〜ん難しい。

GoProよりも本体のマイクの音質は明らかに良さそう。

★昼間動画サンプル(高ビットレートモード/MP4モード、50Mbps、手ぶれ補正オフ、色彩ニュートラル)



(省略されています。全文を読む

   コメント書き込み・記事単独表示(3〜)


2016.03.19

2016年の物欲その16「ソニーの新型アクションカメラHDR-AS50」、GoProとの比較↑BTW



2016年2月に発売した新型のソニーアクションカメラHDR-AS50を購入しました。23000円ぐらいと激安で電子手ぶれ補正と50MbpsフルHD解像度撮影、水深60m防水ハウジング付属している点が気に入りました。

管理人はGoPro HERO3+ Silver Editionを持っていましたがオークションで売り飛ばしました。2年前に本体32000円で買って2年間使って、いくつかオプション品(ヘッドバンドとか、ネイキッドフレームとか)添えて22000円で売れたので悪くない感じ。以下、GoPro HERO3+ Silver Editionを持っていた人の目線で比較します。

↓全付属品です。



(省略されています。全文を読む

 Keyword:SONY/10
   コメント書き込み・記事単独表示(21〜)



次のページへ[1234・]