B-CAS改造方法を解説していたブログの管理人が逮捕 インターネット

2012/06/20
■B-CAS改造方法を解説していたブログの管理人が逮捕インターネット(353)】

世の中に公開すると逮捕されるって知識はそうそうあるまい。

■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

001 [06/21 01:31]ben★2@EM:情報を公開して逮捕されるとか、これはかなりおかしなことになってきましたな。こういうことが通るなら、今後色々と応用を効かせてきそうです。
002 [06/21 01:58]なめたけ@OCN:ちょっとおかしいね、この国。本当に中国のこと言えなくなってきた。
003 [06/21 02:14]匿名:うん、解決の方法が中国式だよな。表面化しなければ問題解決。
004 [06/21 03:26]b@OCN:情報の公開じゃなくて、改造したカードを使ったから逮捕ってよめるけど。法的根拠はなんだろう。器物損壊は自分で現状回復出来るなら適用できないだろうに。
005 [06/21 04:17]もくのすけ@NetHine:でも、面白かったですよ。2chのテンプレでは自分でパスワードかけて解読していたから。見せしめで犠牲になってくれた龍馬さんに感謝
006 [06/21 08:56]期待するのは@Prin:法廷でB-CASの闇が次々明らかに
007 [06/21 09:32]まあ@Ucom:裁判でWinnyと同じような判決が出る可能性はあるけどね。損害と言っても立証できなかったらやるだけ無駄だし。
008 [06/21 10:35]:知識や情報だけじゃなく、ツールまで公開してるだろこいつ。Winnyの時とは違うよ。
009 [06/21 10:53]いなづまのけん:しかしB-CASってどこのメーカーが開発したんだろう。まさか、またNTTデータじゃないよな?
010 [06/21 11:08]えっ@Ucom:>008ソフトなんだから一緒じゃん。あとICカードリーダーが必要という点において、利用者の意志一つでしょ。


011 [06/21 11:10]:これは間違いなく違憲で、裁判ではよくても和解にしかならないそんなことは分かっているけど、判決が出るのは何年か後のことなので、今時点の抑止のための見せしめ的な逮捕。要は不当逮捕。
012 [06/21 11:15]:いわゆるSLAPP(烏賀陽氏のあれ)に近い。地デジの天下り企業は数十社にも及ぶそうだから警察権力やマスメディアを動かすのは簡単だったんですね。。。
013 [06/21 12:21]zum:記事のどこにも情報公開をしていたから逮捕されたとは書いていない。あくまで不正改造のB-CASカードを使用していたことによる疑い。Winnyとは明らかに違う。
014 [06/23 19:33]@InfoWeb:B-CAS自体訳のわからない会社だもんな−。Gigazineさんもオフィスの入り口行って帰って終わりだしw

名前 このエントリーを含むはてなブックマーク
コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事の総アクセス数(最後の書き込みまで):490
本日の記事一覧に戻る

インターネットのカテゴリーに関する別の記事 (コメント数)
2012/06/11アメリカで放送されているTwitter初のTVCM
2012/06/07NICT独立行政法人 情報通信研究機構が対サイバー攻撃アラートシステム “DAEDALUS”(ダイダロス)の外部展開を開始
2012/05/30Twitter.comの読み込みスピードが5分の1になるように改良されたとのこと
2012/05/26Twitterで大人気のツイート面白すぎワロタwwwwwww
2012/05/18虚構新聞の管理人による虚構な名言まとめ
2012/05/11さくらのVPSを借りてみた!
2012/05/10ツイッターのパスワード流出、5万件のうち2万件は重複、ほか大半はスパム用アドレス
2012/05/09TwitterからIDとパスワード5万件が漏洩、ネットにアップされる。漏れてないかチェックするスクリプト公開
2012/05/02月額500円以下のプランがあるVPSまとめ
2012/04/26東京高裁、医薬品ネット販売の原則禁止は「違憲」と判断。地裁の判断をくつがえす