日本でも投与が計画されているファイザーの新型コロナmRNAワクチン後期試験、被験者に軽中度の副作用

カテゴリー:新型コロナちゃん(記事数:201)

 
 
 

2020.09.16

日本でも投与が計画されているファイザーの新型コロナmRNAワクチン後期試験、被験者に軽中度の副作用

この副作用、良い免疫反応が起こっている証拠じゃないのか?と思うけど庶民の皆さんとマスゴミは許してくれないだろうな俺はこの程度なら喜んで投与受けるかな。

複数の新型コロナワクチンが選べるようになって、副作用が弱いのと強いのがあって、効果がそれぞれ弱め、強めと分かったら社会的に面白いことになりそう。副作用が弱くて効果が強いのが一番なんだけどね。

Category:新型コロナちゃん



コメント

いいっすね!=2
001 [09/16 20:47]ふぇちゅいんさんふぁん(ゆるりゆラリー)★82:副作用が弱くて効果が強いのが一番 > それは製薬会社の企業努力の問題じゃだろう。リンク先読む限り、無害化が足りないだけに思える。
002 [09/17 13:04]あいす:あんまりこの分野よく知らないけど、メッセンジャーRNAかと思っていたら、ファイザーのmRNAってmodRNAのことだったんですね。BioNTechの技術のようですが、ヌクレオシドのどこいじってるんでしょうか? 追い切れない。PolyA部分をいじるだけでも抗体産生量が変わるような場合もあるようで、まだまだ新しい領域ですね。
003 [09/17 15:01]ふぇちゅいん(管理人) TW★76:>>002 改変の主目的は分解しにくくすることだと思うのでメッセンジャーRNAって理解で間違ってないと思う。
004 [09/17 15:07]ToT@Vm:ファイザーの株は売りだろうか
005 [09/17 22:35]ななしさそ★54:うん、ワクチンとしての効果があるなら、私もこの程度の副作用は受容しますわ。ワクチンなんて生き物の生きていくための作用を誤魔化すものだから、生き物そのものの理解が深まらないと、完璧な薬とか無理ですも。
006 [09/18 03:17]ふぁ★1:一般的な医薬品と違って、生物学的製剤やワクチンは少しでも副作用があったら厳密に評価せなあかんのやで。特に新型コロナはAntibody-Dependent Enhancementの発生が強く示唆されとるし。単なる一時的な発熱ならスルーやけど、ワクチンとAntibody-Dependent Enhancementの関連性を起因とする発熱なら死人量産するかもやし、ドロップアウトの可能性もあるやろ〜。 (1)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る


→カテゴリー:新型コロナちゃん(記事数:201)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る