中国が米NVIDIAのArm買収に危機感

カテゴリー:海外・国際・軍事(記事数:789)

 
 
 

2020.09.16

中国が米NVIDIAのArm買収に危機感

Category:海外・国際・軍事

 Keyword:中国/317



コメント

いいっすね!
001 [09/16 14:30]ふとまる@Om:アメリカはアメリカ国内で開発されたものでなければ、輸出規制の対象外とは言ってるけどね。とは言えarmアーキテクチャ使えなくなると中国は更に追い詰められる。
002 [09/16 19:18]適度に追い詰めて欲しい@OCN:RISC-Vでも何でも良いから中国クローズドに出来ないものに全力投資せざるを得ない状況が人類にとって望ましいでしょう。中華皇帝みたいなお金持ちには頑張ってもらわないと。
003 [09/16 20:02]@Enb:これでAMDみたいにCPUとGPUの両方を手中に収めた感じかな?
004 [09/17 09:47]MotoZ2User★1:自身は黙っておいて英国の危機感を煽る方が良くね? とも思うが、黙ってたら黙ってたで不気味に見える罠。
005 [09/17 09:55]MotoZ2User★1:ちなみに >>002 が出してるRISC-V命令セットは脱ARMの切札となるので、特に中国のメーカーは期待を高めているらしい。組み込みCPU向け開発ツールの営業さんがマクドで言ってた。
006 [09/17 10:56]:高額なARM税に嫌気さしてRISC-Vの流れが米・中国でも加速しはじめてるのに、なぜ日本のルネサスが気合いれて開発・商品化しようとしないんだ! ルネの経営陣は「我々は注意深く見守る」とか社報で書いちゃうし、開発費ケチって開発しないから技術力落ちちゃうんだって。日本の銀行上がり経営者は、リストラする発想しかない。悲しい。
007 [09/17 15:08]ToT@Vm:エヌビディア株は買い増した
008 [09/18 09:25]774-1:MIPSの所有権は既に中国。

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る


→カテゴリー:海外・国際・軍事(記事数:789)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る

中国