日本のスパコン「富岳」、8年半ぶり世界一奪還

カテゴリー:科学・技術・研究(記事数:564)

 
 
 

2020.06.23

日本のスパコン「富岳」、8年半ぶり世界一奪還

ブッチギリな性能じゃないか。Google様あたりがクラウドコンピューティングでこの1億倍とかの計算量を日々ぶんまわしていたりするかもしれないけど。

Category:科学・技術・研究

 Keyword:Google/237



コメント

いいっすね!
001 [06/23 19:23]@Enb:入れ替え時期の狭間に日本がいち早く動かしただけという話があったけれど、後発の方が有利だわなぁ。中国のは富岳の倍出るとか何とか…。
002 [06/23 20:29]ななしさそ★53:そもそも、中国が神威ナントカ乃光が国内一位のまま、がかの国も見栄だけなんだなー、という気分に。それこそふぇちゅさんじゃないけど、グリッドコンピューティングで一つのスパコンである事にそこまで拘らなくて良いし。大学のスパコンもノード一つで運用、とかしている事があるみたいですし。
003 [06/23 22:30]z@Dion:富岳もまだ変身残してるんだろ?
004 [06/24 08:55]MotoZ2User★1:TOP500、HPCG、HPL-AI、Graph500 の4冠らしい。不得手が無いってことやね。ちなプロトタイプがGreen500でも首位だったらしい。 https://japan.zdnet.com/article/35155692....
005 [06/28 16:34]匿名:世代交代の狭間だから、ぶっちぎりなだけ

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る


→カテゴリー:科学・技術・研究(記事数:564)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る

Google