ニュートリノ、反粒子と性質異なる可能性高まる T2K実験

カテゴリー:科学・技術・研究(記事数:556)

 
 
 

2020.04.21

ニュートリノ、反粒子と性質異なる可能性高まる T2K実験

茨城県東海村の実験施設「J-PARC」から295キロ離れた岐阜県飛騨市神岡町の観測施設「スーパーカミオカンデ」に向け、ニュートリノの一種であるミューニュートリノと反ミューニュートリノを発射したそうです。

コロナ騒ぎの中がんばってますな!

Category:科学・技術・研究



コメント

いいっすね!

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る


→カテゴリー:科学・技術・研究(記事数:556)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る