在宅勤務が相場変動を助長、銀行や証券がリスク取れず

カテゴリー:ビジネス・教育・ライフハック(記事数:1141)

 
 
 

2020.04.01

在宅勤務が相場変動を助長、銀行や証券がリスク取れず

「パソコンの通信速度が遅かったり、複数のモニターが同時に見られず、売買の判断が遅くなったりするとの声が、複数の市場参加者から出ている。」とのこと。
孤独感の中で、リスクを取る勇気を奮い立たせるのは容易ではない。とのこと。

これ、なかなか面白い話だな。

Category:ビジネス・教育・ライフハック



コメント

いいっすね!
001 [04/02 02:17]ふぁ★1:このニュースを見るとディーリングルームも閉鎖されているのかな?まぁ、ロイター端末が使えなくて赤文字ニュースが読めないから泣き言を言っているんやろなぁ。さぁ、ニュース先回りできなくなったら個人投資家と対等に戦ってみるがいい。笑。ちなみにモニターとパソの通信云々は言い訳やろう。だって、在宅になったコミッション(いわゆる凄腕の雇われディーラー)とか52インチ4Kを一枚とかでしょ?フルHD4枚相当でそれだけ面積があったら楽勝だと思う。

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る


→カテゴリー:ビジネス・教育・ライフハック(記事数:1141)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る