日本には異常な数のCT、MRIがあって肺の診断を容易にしているらしい

カテゴリー:健康(記事数:459)

 
 
 

2020.03.19

日本には異常な数のCT、MRIがあって肺の診断を容易にしているらしい

人口密度も高いしね。これも国民皆保険の恩恵なのかも

Category:健康



コメント

いいっすね!=7
001 [03/19 15:47]unknown:それはもうズバリ国民皆保険制度によるものですよ。集患にも大いにプラスです。ろくに読影できないのに、被爆への意識も低く、設備投資回収最優先でバンバン撮影。もちろん、設備の整った病院=いい病院と思う患者にも責任はあるのですが...
002 [03/19 15:56]ふとまる@Dion:肺炎なのに保健所が検査断ったってニュースになる事例の多くは、きちんとCT検査などでウイルス性肺炎の所見を確認し、既存の抗生剤が効かないことを確認もせずに保健所に連絡してるんですよね。大学病院のCTやMRIは混んでるけど実は中規模病院や検査専門クリニック、ほかには頭痛クリニックなんかにも置いてる所が多い。でも町医者は大学病院にはすぐ紹介するけど、ライバルになるような中規模病院やクリニック系には紹介しようとしない。患者よりプライドが大事らしい。
003 [03/19 16:01]ふとまる@Dion:被曝というか放射能を神格化しすぎ。あんなもの低温ヤケドや日焼けと同じで、長時間連続で浴びなければ人間の細胞は修復される。 (1)
004 [03/19 16:11]MotoZ2User@So-net:人口当たり病床数も世界一ィィィ! だそうで。
005 [03/19 16:58]。。。:低温ヤケドや日焼けとは違うけどな・・・。 (3)
006 [03/19 20:45]放射脳の方はCT拒否するよね。@YahooBB:癒着だの天下りだの良く医療関係は話題にでますけど、きちんと国民に還元されてたら多少は目を瞑っちゃいますわね。
007 [03/20 12:35]すきやき★57:不況下で助成金や補正予算つけるのに、この機材は団塊世代にウケがいいんですよね。
008 [03/20 15:18]ななしさそ★52:今更スパイラルCT如きが予算真正の神輿になれるかなー。3TクラスMRIですら少しづつ個人経営の病院に普及が始まってきているのに。ですが、PETですとRI1級が管理者にならないと結局医者が手が回らなくなるので、思ったより普及していないという。トータルの被ばく量はCTより下です。試薬合成機も居るので管理は恐ろしく大変ですが。
009 [03/20 16:15]ま、いろんな背景があるようだけど、、、@Plala:俺の母親は町医者にCTが有ったおかげで命拾いをしましたよ。3年後に総合病院での腹腔鏡施術で逝っちまったけどね。
010 [03/20 16:55]どちらか云えば@OCN:過剰整備と思い込んでいたのがそうでもなかったというのが昨今の状況じゃないのかしら。ヨーロッパ、とくに北欧なんて本当のところどうなってしまってるのかってとこじゃないでしょうか。 (2)



名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る


→カテゴリー:健康(記事数:459)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

すべて見る