ARで豊富な情報が浮かび上がる直径120mmの火星の模型、3万1000円

カテゴリー:宇宙(記事数:274)

 
 
 

2019.12.23

ARで豊富な情報が浮かび上がる直径120mmの火星の模型、3万1000円

100円ショップで買えそうなオモチャと公開されている膨大なデータを結び付けて3万円で売りつける商法?
とか原価坊的に考えてしまいそうになるけど、3万円はちと高く無いか?孫へのプレゼント枠狙いか?

Category:宇宙



コメント

いいっすね!

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る


→カテゴリー:宇宙(記事数:274)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

●2018.01.09:DAISO(ダイソー)の互換インクとエプソン純正インクの違いを印刷して画質比較してみた(2018年の物欲その1)(商品購入レビュー)1910access
●2019.11.26:動作しなくなった中華電源(AC→DC12V×30A)の壊れ方がコワい(DIY・パソコン本体・周辺機器)1661access
●2019.12.16:ワイモバイルの「スマホプラン」ユーザーは手動でお得な現行プラン(ベーシックプラン)に乗り換える必要?(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)1031access
●2019.12.17:ワイモバイルで「スマホプラン」から年間契約の無い「スマホベーシックプラン」に移行するためには年1回のチャンス以外は契約解除料9500円必要(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)839access
●2019.12.17:横浜の大さん橋に生ピースボート!(車・乗り物・車載ガジェット)696access

すべて見る