これはヤバい!「紙のように薄くて安価な透明マント」をカナダの企業が開発。光を屈折させて対象物を消す仕組み

カテゴリー:科学・技術・研究(記事数:537)

 
 
 

2019.11.02

これはヤバい!「紙のように薄くて安価な透明マント」をカナダの企業が開発。光を屈折させて対象物を消す仕組み

何これ、めっちゃ実用的じゃん!これどういう屈折してるんだ?????

↓オフィシャルサイト見ると向こう側を消すだけじゃなくて虚像を浮かび上がらしているぞ。
他にも太陽光パネルに使って発電量増加。レーザー光線拡散などの用途も

Category:科学・技術・研究



コメント

いいっすね!
001 [11/03 19:22]mn:シートと近距離は見えず、遠方の光だけを通すようなことかな
002 [11/03 20:45]:映像で机上に置いた戦闘機プラモを隠してる部分で、正面右側の風景が屈折して映り込んでるのが解るね。
003 [11/04 00:39]mn:長焦点距離のフレネルレンズかな

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る


→カテゴリー:科学・技術・研究(記事数:537)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

●2019.10.06:お台場キャンピングカーフェア2019に行ってきた。500万〜800万でよい感じの車が買える事が分かった(車・乗り物・車載ガジェット)1083access
●2019.10.27:この重機の名称(車・乗り物・車載ガジェット)1016access
●2019.10.11:訃報、ガラスにテープを貼ると圧力に耐えられなくなり台風で割れやすくなる(社会)905access
●2018.01.09:DAISO(ダイソー)の互換インクとエプソン純正インクの違いを印刷して画質比較してみた(2018年の物欲その1)(商品購入レビュー)820access
●2019.10.09:この法律が日本を「生産性が低すぎる国」にした。諸悪の根源は多すぎる中小企業(ビジネス・教育・ライフハック)809access

すべて見る