トポイソメラーゼ阻害系の抗がん剤「エリプチン」が高い導電性を示し有機半導体材料に適していることが明らかに

カテゴリー:科学・技術(記事数:529)

 
 
 

2019.09.24

トポイソメラーゼ阻害系の抗がん剤「エリプチン」が高い導電性を示し有機半導体材料に適していることが明らかに

ヘンタイ研究過ぎて感動した!

Category:科学・技術



コメント

いいっすね!
001 [09/25 23:05]j:高い抗がん剤をわざわざ半導体材料に使うなんて、誰得…変態乙… 有機材料の半導体ってどこで使われてるんだろ。あ、有機ELがそうか

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る


→カテゴリー:科学・技術(記事数:529)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

●2019.08.24:佐野SAのストライキが映画化間違い無しの熱い展開だった(社会)7183access
●2019.09.11:3000人を載せた豪華客船がクルーズ客を乗せたまま、乗客同意の元、ハリケーン被災地の支援に向かう(海外・国際・軍事)4983access
●2019.09.07:クレジットカードKyashも2%還元を終了(お金・マネー・不動産)3406access
●2019.09.22:老後はむしろ「孤独なほうがうまくいく」理由 病気もお金も人間関係も孤独なほうが有利(社会)3273access
●2019.09.14:早くも5百人辞めた! PayPay営業職が語るソフトバンク式ローラー営業の惨状、離職率5割(ソフトバンクのビジネス)2602access

すべて見る