村田製作所が全固体電池を量産へ、ウェラブル用の小型品で月産10万個予定。容量は業界最高レベル

カテゴリー:科学・技術(記事数:522)

 
 
 

2019.06.19

村田製作所が全固体電池を量産へ、ウェラブル用の小型品で月産10万個予定。容量は業界最高レベル

5.7mm×9.6mm×5.2mm(284mm3)で10mAhらしい。

一般的なリチウムポリマー電池の容量とサイズ見ると5mm×25mm×35mmで400mAhなので10mAhあたり110mm3計算。電極とかの体積あるので大きさの違う電池を比較すべきじゃないと思うけど、容量はリチウムイオン電池と同定を確保して爆発しない安全性がウリって感じかな?

Category:科学・技術



コメント

いいっすね!=1
001 [06/19 16:28]はすし@一般論で@YahooBB:[内部抵抗が低い]ってのと構造的に[放熱不要](製造過程がシンタリングじゃなかったっけ?)って点だけで理解出来るだろ。
002 [06/19 18:47]:容量アップと小型化で〜と思ったけど、補聴器とか身につける機器から置き換えていく感じか。
003 [06/19 19:20]Aガット:MLCCの設備転用かぁ、これが成功したら全固体電池にシフトするのかな?利益率高そうだし。MLCC逼迫で産業電気製品開発しているメーカとしてえらい迷惑被ってる身としては、手放しで喜べないけど。
004 [06/20 05:52]b@OCN:スマホ向け全固体電池の開発研究をやってるのはサムスンだけだった記憶。 (1)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る


→カテゴリー:科学・技術(記事数:522)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

●2019.05.28:茨城でダサい軽の黄色ナンバープレートを白にする裏技流行中(車・乗り物・車載ガジェット)2486access
●2019.06.16:台風進路予報 精度向上で予報円の半径20%縮小(おでかけ情報・旅行・恋愛・結婚・夫婦)2076access
●2018.01.09:DAISO(ダイソー)の互換インクとエプソン純正インクの違いを印刷して画質比較してみた(2018年の物欲その1)(商品購入レビュー)1409access
●2019.06.11:原状回復必要なしのDIY団地が人気(社会)1313access
●2019.05.20:激安なニッスイ魚肉ソーセージの謎(食欲の神様♪♪♪&酒)1252access

すべて見る