1年間の育児休業が職場に与えた影響が「破壊的」だったとしてビル&メリンダ・ゲイツ財団が制度の見直しを決定

カテゴリー:ビジネス・教育・ライフハック(記事数:990)

 
 
 

2019.03.25

1年間の育児休業が職場に与えた影響が「破壊的」だったとしてビル&メリンダ・ゲイツ財団が制度の見直しを決定

このニュース、ウケるわw。
とはいっても1年間→半年に短縮して、復職時に220万円ゲットに変更らしい。

アメリカは先進国で唯一、有給の育休が認められていない国らしい。

Category:ビジネス・教育・ライフハック

 Keyword:アメリカ/306



コメント

いいっすね!=1
001 [03/26 00:30]WILCOM:あれ、日本も無給では?

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る


→カテゴリー:ビジネス・教育・ライフハック(記事数:990)
アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

●2019.02.23:ワイモバイルの機種変更が高いと感じたら「ソフトバンク番号移行プログラム」がお得らしい(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)3708access
●2018.01.09:DAISO(ダイソー)の互換インクとエプソン純正インクの違いを印刷して画質比較してみた(2018年の物欲その1)(商品購入レビュー)2423access
●2015.04.21:コンクリートが簡単に切れると思った俺がバカだったorz(木造2階建ての屋上に20畳のルーフテラスを付けるぞ!)1438access
●2019.03.15:ブラック企業マップに続き、「破産者マップ」登場(社会)1393access
●2019.02.25:ママチャリのスプロケット(変速ギヤ)外しに成功して自転車の後輪ホイール交換に成功(自転車DIY)1066access

すべて見る

アメリカ