スイスのスタートアップが揚力発電よりも低コストで実現できる「コンクリートバッテリー」
カテゴリー:電力・エネルギー(記事数:266)
 
 
 

2018.08.22

スイスのスタートアップが揚力発電よりも低コストで実現できる「コンクリートバッテリー」

現在リチウムイオンバッテリーは1kwh=31000〜39000円、コンクリートバッテリーは17000円らしい。
ただ、リチウムイオンバッテリーは将来的に1kwh=1100円ぐらいまで安くなるかもとのこと

Category:電力・エネルギー

 Keyword:コンクリート/10



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=1
001 [08/22 13:10]うーん@Ucom:コンクリート(で)発電ではなく、コンクリートバッテリー? ロープの耐久性とか維持費がどれくらいか知りたいな。
002 [08/22 13:47]うぎょ@Iij:高額なリチウムイオン電池とだけ比較して、NAS(ナトリウム硫黄)電池を比較対象に入れてないのは、意図的なのか?
003 [08/22 16:13]scmagi@OCN:NAS電池は日本が国策として推してるだけで、海外では既にオワコンだからでしょ。スイス人の眼中にない。
004 [08/22 21:15]ふぇちゅいんさんふぁん(ゆるりゆラリー)★74:ドラム缶に水を詰めれば水力発電、人を詰めれば人力発電だ!(違います)
005 [08/22 21:59]:フライホイールみたいな設備が要らなさそうなのが良いね。
006 [08/22 23:05]T-T:まさかこれが将来、軌道エレベーターの礎となるとは人類は思いもしなかったのである。
007 [08/23 11:13]匿名さん@Au:同じ大きさのタンク作ってポンプで水入れる方が効率良さそう。
008 [08/24 01:04]ふぇちゅいんさんふぁん(ゆるりゆラリー)★74:>>007 タンクやドラム缶だとすぐ満タンになっちゃうから、効率を上げるためにダムにしよう。発電設備も水力発電のものを流用できるぞ。あれ?

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る
コンクリート


→カテゴリー:電力・エネルギー(記事数:266)

アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

●2018.07.23:バケツと濡れタオルだけで出来る『エアコン室外機の冷却システム』でエアコンの効きがよくなる?(木造2階建ての屋上に20畳のルーフテラスを付けるぞ!)2018access
●2018.07.24:Uberデビューしたよ!なんだよ大革命じゃないか。日本のタクシー会社絶滅しろ(車・乗り物・車載ガジェット)1499access
●2018.01.09:DAISO(ダイソー)の互換インクとエプソン純正インクの違いを印刷して画質比較してみた(2018年の物欲その1)(商品購入レビュー)1410access
●2015.04.21:コンクリートが簡単に切れると思った俺がバカだったorz(木造2階建ての屋上に20畳のルーフテラスを付けるぞ!)1267access
●2018.07.30:ソフトバンクのXperia XZ2(702SO)SIMロック解除版はワイモバイルで快適に利用可能!Xperia X Perfomanrceからの乗り換えベンチマーク比較(商品購入レビュー)1223access

すべて見る