Amazon、まずはアメリカから「Alexa」でサードパーティーに音声のみ課金を可能に
カテゴリー:人工知能・ディープラーニング・音声アシスタント(記事数:114)
 
 
 

2018.05.05

Amazon、まずはアメリカから「Alexa」でサードパーティーに音声のみ課金を可能に

うちはGoogle Homeなんだけど、最近、音声認識の精度が高すぎて怖い。フレーズマッチングしているせいで、勘違い認識も多いけど、4歳児の舌足らずな「OKグーグル、大分のホバークラフトが走ってる動画が見たい」みたいなのを認識しちゃう。そして、最近すげーって思ったのは、突然4歳児が「チャレンジャーは爆発したんだよ」って言いだしたこと。俺も妻もそんなこと教えてない。一日中、「OKグーグル、スペースシャトルの別の動画がみたい」と連呼してるから、そこから学習したらしい。

AmazonとGoogleの音声認識精度の違いってどれぐらいあるんだろうか?

Category:人工知能・ディープラーニング・音声アシスタント

 Keyword:学習/79 Google/45 アメリカ/259



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=4
001 [05/05 13:18]桜もち@Biglobe:本体安い理由って盗聴してデータ捕ってるからって知ってた?ad的な会社がコッソリとね。そんでFBIとかもエシュロンみたいに情報抜いたりするわけ。爆弾とか特定のワードに反応させて。他にデータ屋がいれば金に貪欲なとこは情報買うだろうな。〇〇社長のデータとかね (1)
002 [05/05 20:56]@Au:大分のホバークラフトの最期を思い出すと悲しくなる。中国に売られた後、人知れずボロボロの状態で日本で発見されるという末路・・・ (1)
003 [05/05 21:50]:子供「僕のパパの名前はGoogleって言うんだ!」
004 [05/07 01:01]ふぇちゅいんさんふぁん(ゆるりゆラリー)★73:>>003 ママはAmazonだ!

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る
Google
学習
アメリカ


→カテゴリー:人工知能・ディープラーニング・音声アシスタント(記事数:114)

アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

●2018.04.19:悲報、ソフトバンク「ワイモバイルの個人用PHSは2020年7月末まで」と発表。25年の歴史に幕(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)2084access
●2018.04.29:Pebbleの正式な後継者Fitbit versaが届いた!(動画あり)Pebbleからの乗り換え感想(2018年の物欲その25)(腕時計型端末)1693access
●2015.05.04:駐車スペースに自分でインターロッキングを敷き詰めてみた。うわぁああああああああ(木造2階建ての屋上に20畳のルーフテラスを付けるぞ!)1304access
●2015.04.21:コンクリートが簡単に切れると思った俺がバカだったorz(木造2階建ての屋上に20畳のルーフテラスを付けるぞ!)1272access
●2018.04.23:2018年の物欲その22:くつの裏のゴム補修材「Columbus 補修用品シューグー補修材」で靴と自転車の発電機用のゴムを補修してみた。(DIY・パソコン本体・周辺機器)1081access

すべて見る