米国と違い日本のトイザらスが健闘する理由
カテゴリー:ビジネス・教育・ライフハック(記事数:832)
 
 
 

2018.03.27

米国と違い日本のトイザらスが健闘する理由

米国事業は、株式非公開化の時の借金が響き、50億ドルの有利子負債に毎年4億ドルの金利負担が痛かったらしい。

一方日本事業は順調とはいえ年間売上高1500億円。利益はマックス30億円ほど。高収益にはほど遠いか

Category:ビジネス・教育・ライフハック



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る




→カテゴリー:ビジネス・教育・ライフハック(記事数:832)

アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

●2018.03.09:ソニーの電子ペーパーデジタルノートブックDPT-RP1を購入して9か月後の感想。色々不満もあるが大満足(商品購入レビュー)1146access
●2018.02.28:祝!ワイモバイルが価格改定!スマホプランが一律月額1000円引きに(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)1143access
●2018.03.05:ドコモとワイモバイルユーザー大勝利!au、SBがテザリング使用料月額500円に(情報通信)1100access
●2018.03.13:「マスゴミと野党が大騒ぎしている財務省文書の書き換えとはなんなのか」のまとめ(政治・司法・行政)1042access
●2015.04.21:コンクリートが簡単に切れると思った俺がバカだったorz(木造2階建ての屋上に20畳のルーフテラスを付けるぞ!)1000access

すべて見る