エンジンも作れる新素材「超高温耐性炭化ケイ素(SiC)繊維」は未来の航空業界の将来を左右する。日本カーボンと宇部興産しか作れない
カテゴリー:科学・技術(記事数:436)
 
 
 

2018.01.16

エンジンも作れる新素材「超高温耐性炭化ケイ素(SiC)繊維」は未来の航空業界の将来を左右する。日本カーボンと宇部興産しか作れない

ニッケル合金の3分の1の重さで耐熱温度が1800〜2000度。これで作ったエンジンは空冷の必要が無いらしい。さらにこの繊維に電子線処理すると耐熱性が500度アップするらしい。

この素材を生かした新設計のエンジンとか作れるんじゃないか?あと超高温に耐えるなら原子力発電にも改良の余地がありそう。

Category:科学・技術



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=6
001 [01/17 00:33]b@OCN:最新の航空機エンジンには既に使われてるね。車はこれから。原子炉への利用は超高温原子炉とかで検討されてたはず。 (2)
002 [01/17 12:24]@OCN:一般車に使うには価格が高そうじゃない? (1)
003 [01/17 21:47]ななしさそ★43:原子炉は大洗にHTTRという高温実験炉がありますよ。原理的にメルトダウンが起きません、核燃料が出せる最高に近い温度で動いているので。やっぱ熱サイクル機関用でしょうね。でもレシプロだと温度差が重要なので、いすゞの夢、セラミックディーゼルエンジンは根本的に微妙だった気が。 (1)
004 [01/17 23:27]可愛@Plala:グンゼが入っていない… (1)
005 [01/18 13:50]unknown@Ucom:東レ、帝人、三菱レイヨンも入っていない。

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る

→カテゴリー:科学・技術(記事数:436)

アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

●2018.01.09:DAISO(ダイソー)の互換インクとエプソン純正インクの違いを印刷して画質比較してみた(2018年の物欲その1)(商品購入レビュー)4618access
●2017.12.27:もう嫌だ(><)、自宅のインクジェットプリンタを買い換えたい(★物欲の神様♪)1867access
●2018.01.06:スバルのアイサイト開発技術者が会社方針に嫌気し続々と転職(車・乗り物・車載ガジェット)1159access
●2017.12.25:ワイモバイルユーザー大勝利!「Yahoo!プレミアム」が雑誌100誌以上・マンガ1万冊以上が読み放題に(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)1093access
●2015.01.26:ZIPPOやハクキンカイロのオイルカイロの白金触媒を再生する方法(★物欲の神様♪)909access

すべて見る