インテル×AMDコラボのRadeon搭載CPUの名前は「Core i7-8809G」。仕様がインテル公式に(一瞬)掲載
カテゴリー:バーチャルリアリティー、HMD、Oculus Rift、3D認識技術(記事数:222)
 
 
 

2018.01.04

インテル×AMDコラボのRadeon搭載CPUの名前は「Core i7-8809G」。仕様がインテル公式に(一瞬)掲載

VRとかゲームにも耐えうるスペックのプロセッサらしい。GPU演算ユニットが20〜24基、CPU+GPUの合計TDPは100Wとのこと。

車のバッテリーが1個あれば5時間はゲーム出来る感じか?(^^;、演算速度は良いとしてバッテリーを考えると「モバイル」とは言ってもフルパワーで使うにはACアダプタ必須かねぇ。

Category:バーチャルリアリティー、HMD、Oculus Rift、3D認識技術

 Keyword:インテル/22



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=2
001 [01/04 17:56]ふとまる:モバイル向けじゃないでしょ
002 [01/04 20:45]ななしさそ★43:i7-7700にモバイルのGTX1070積んでいる九十九のゲーミングノートがバッテリーで2時間位なので、このクラスのノートですと、バッテリーはちょっと長めのUPSと思っておいた方が。それでもUsB3.1なら原理的に給電可能ではあるので(最大100W)モバイルバッテリーでの時間延長も可能と言えば可能ではあります。 (1)
003 [01/04 22:41]持田房子:以前の独禁法違反の件以来Intelが嫌いなのと、市場の寡占化が害悪だという考えなのと、判官贔屓である事から、PCのCPU(APU)はAMD一択です。A10-7860Kを愛用していますが、PSO2以外に重いアプリを動かさないので、当面はこれで十分です。もっとも、IntelかAMDかではなく、これからのPCユーザーはx86系かARM系かの判断を余儀なくされそうですが。
004 [01/05 00:54]@InfoWeb:NUC向けだろうね。最近は多コアのファームよりグラボ頼りになってきてるからかな。

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る

→カテゴリー:バーチャルリアリティー、HMD、Oculus Rift、3D認識技術(記事数:222)

アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

●2017.12.27:もう嫌だ(><)、自宅のインクジェットプリンタを買い換えたい(★物欲の神様♪)1566access
●2017.12.25:ワイモバイルユーザー大勝利!「Yahoo!プレミアム」が雑誌100誌以上・マンガ1万冊以上が読み放題に(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)999access
●2017.12.10:半額でゲット出来るのは今日までなGoogle Hoome mini買ってみた。これは面白い(2017年の物欲その63)(商品購入レビュー)985access
●2017.12.09:ドンキの19800円より実用的なビックカメラの19800円激安ノートPC登場。11.6インチFHD、4GB/64GB(★物欲の神様♪)807access
●2015.01.26:ZIPPOやハクキンカイロのオイルカイロの白金触媒を再生する方法(★物欲の神様♪)802access

すべて見る

インテル