Facebookに広告を出してみたので、その効果を分析する
カテゴリー:usePocket運営関連(記事数:102)
 
 
 

2017.08.25

Facebookに広告を出してみたので、その効果を分析する

Facebookページとかを作っていると「広告を出しませんか?ワンクリックで出しまっせ!」とよく出てくるので試してみました。広告を出したのは俺の運営する別サイト「バイオハッカージャパン」の↓この記事


↓広告を出したのは8月10日〜15日ぐらいの5日間(1100円プラン)、4480〜12000人に表示されるとあります。


↓結果です。広告により1475人に表示されたようです。あれ?なんか少ない。表示される人をキーワードにより細かく限定したせいでしょうか?よく分かりません。ちなみに広告と関係なく3645人に表示されています。これは既にこのFacebookサイトを「いいね」している人、「フォロー」している人が500人程度おり、この記事も100人程度に「いいね」されているのでその関係で閲覧された分です。今回の1100円で通常よりも40%多くの人に見られたことになります。


↓1475人に表示され、「いいね」等のリアクションをとった人は78人、対象を絞っただけあって、なかなかの「いいね」率と思います。が、その中で実際のブログ記事へのリンクをクリックした人はたった3人、この記事をきっかけにページを「いいね」してくれた人は0人でした。これは日々感じていますが、Facebookでの「いいね」なんてブログのPVへの効果ほとんど無いんですよね。残念ながら


↓詳細分析です。女性322人に表示され、男性1147人に表示されているようです。「いいね」1つあたりにかかった費用は12〜14円。男女差はほとんどありません。


↓年齢ごとの比較です。18-24歳の910人、25-34歳の319人、35-44歳の139人、45-54歳の102人、55-64歳の5人に表示されています。18?34歳までは「いいね」1つあたり10-12円ですが、35-44歳では「いいね」1つあたり25円かかっており、35-44歳の興味の薄さが見られます。45-54歳では「いいね」1回あたり12円と興味が回復しています。35-44歳とか大学生の活動に興味が薄れるお年頃なんでしょうか?



結論として、1100円でそれなりに記事のPV数は稼げましたが、ページ自体の「いいね」数が増えてフォローする人を増やしたかったので、そういった観点からはFacebookページの記事を広告するのは効率イマイチな気がします。あとは表示される対象を絞るとリーチ数が減るみたいなので、どれぐらい絞るか考える必要がありそうです。

広告を出す自体はPaypalのアカウントを登録しておけば3クリックぐらいで出せて非常にお手軽です。こりゃ良いビジネスだ。

次はFacebookページ自体の広告でも出してみようかな。

Category:usePocket運営関連

 Keyword:ブログ/76 Facebook/98



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=108
001 [08/26 16:27]ドイヒーDIY@Biglobe:よしゃーブロックすんぞぃ (53)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る

→カテゴリー:usePocket運営関連(記事数:102)

アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

『転生したらヤムチャだった件』後編が完成(アニメ・マンガ・ヲタク)5934access
Yモバイルが丸2年経過すると高くなる問題(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)1255access
復活!携帯電話周辺機器を製造販売する「ウイルコム株式会社」曝誕!!!!(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)1226access
「出生数100万割れ」に鈍感な政治家たち(政治・司法・行政)1131access
高市早苗総務相が優秀すぎるw、「ネット徴収という以前に、NHKが公共放送として適当か検討すべき」(テレビ・ラジオ)914access

すべて見る

Facebook
ブログ