マツダ新CX-5搭載の周辺監視レーダー、古河電工製で1〜70m範囲の複数物体を個別に距離・相対速度把握
カテゴリー:車・乗り物・車載ガジェット(記事数:697)
 
 
 

2017/03/13

マツダ新CX-5搭載の周辺監視レーダー、古河電工製で1〜70m範囲の複数物体を個別に距離・相対速度把握

この手のレーダーは欧州勢ばかりだったが、今回日本製として初の量産化らしい。

方式にはビーム方式、フェーズドアレー方式、デジタルビームフォーミング方式、モノパルス方式があってモノパルス方式を採用しているとのこと。フェーズドアレーってゴジラが使っている方式だった気がする。

Category:車・乗り物・車載ガジェット


■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=2
001 [03/14 07:07]@Dti:フェーズドアレーはイージスシステム搭載艦やF-2やF-15の改修型など最近の戦闘機のレーダーとして乗ってるね
002 [03/14 08:18]hoge:おじいちゃんに言わせると、タイコンデロガのSPY-1レーダーだろ!スタンダード対空ミサイル16発斉射!・・・となる。
003 [03/14 20:25]匿名@Dion:搭載するのはいいが、ちゃんと使い込んでくれよ。ここ数年使い込みが足りんよ。どんどん載せたいのは分かるが信頼性が劣る
004 [03/14 23:35]ななしさそ★39:田岡元帥が「イージス艦は8発しか対弾道ミサイルを載せていないから北朝鮮に対抗できない」とか戯言言っていましたなw AN/SPY-1は今となっては恐ろしい代物、パッシブフェイズドアレイレーダーで、位相器を間にかましているから、結構アナログチックですが、F-2のレーダーは実用初のアクティブフェイズドアレイレーダーで、数百個の発信素子を独立して動かせるので、ハードの安定性は極めて高いです。動かすノウハウでえっらい苦労しましたが。で、ETCはその技術が応用されているそうで。 (1)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: 本日の記事一覧に戻る

→カテゴリー:車・乗り物・車載ガジェット(記事数:697)

アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

プログラマーおわた。Microsoftなどが「仕様通りに動くコード」を自動生成するシステム「DeepCoder」を開発(人工知能・ディープラーニング・音声アシスタント)2863access
イオシス アキバ中央通店GO【助けて下さい】 W-ZERO3 WS003SHの未使用品が入って来たのですが他の店舗が搬入を拒否したみたいで在庫全部当店にやって来ました。(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)1459access
2017年の物欲その12:USBメモリっぽいスパイカメラ「匠ブランド(TAR6U)ミニUSBメモリ型ビデオカメラ Beans (ビーンズ)」撮影サンプル(デジカメ・カメラ・ビデオカメラ)928access
宅配便、20年間で13億→37億個に!パンク寸前の「ヤマト運輸」に同情の声(★物欲の神様♪)851access
コンクリートが簡単に切れると思った俺がバカだったorz(木造2階建ての屋上に20畳のルーフテラスを付けるぞ!)851access

すべて見る