上海問屋からIntel RealSense対応3Dカメラが登場、25000円
カテゴリー:★物欲の神様♪(記事数:1149)
 
 
 

2016/11/16

上海問屋からIntel RealSense対応3Dカメラが登場、25000円

Intel RealSenseとは、普通のカメラと赤外線レーザープロジェクタと赤外線カメラの3つのカメラを使って深度情報も得られるシステムです。方式としてはKinectみたいなやつ。

上海問屋のくせに安くないあたり、値段分の価値があるんでしょうか?
気になるのは対応PCのスペックが、Skylake以降のCore-iプロセッサ×Windows10 64bitとなっているところ。画像演算はリソース食うからなぁ

Category:★物欲の神様♪

 Keyword:【インテル/17】 【アプリ/179】


■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=5
001 [11/16 19:41]どうだろうね@Excite:開発機になるIntel RealSense Developer Kit (SR300)は149ドルです。http://click.intel.com/intelrrealsensetm.... 日本で同じのを買おうとするとクリエイティブ公式で2万6784円。http://jp.creative.com/p/web-cameras/bla.... ま、アメリカだと179.99ドルなんだけどw http://us.creative.com/p/peripherals/bla.... //屋外サポートしているR200の方は169ドルですね。http://click.intel.com/intelr-realsenset.... (1)
002 [11/16 19:53]どうだろうね@Excite:これまでKinectで開発してたような人だと価値あるのだろうけど、そういう人はIntelから99ドルで売ってた時に買って開発してるのだろうし、エンドユーザーからすればWindows10のWindows Hello機能で使おうとするならマウスのCM01(7980円)を買うでしょうし。http://www.mouse-jp.co.jp/abest/windows_.... (1)
003 [11/17 23:42]匿名さん@Dion:3Dスキャン出来るってことは… (1)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数:

本日の記事一覧に戻る

→カテゴリー:★物欲の神様♪(記事数:1149)

アクセス数の多い記事(過去1ヶ月)

各部屋に敷設したLANケーブルの差し込み口に美しくソケットを設置(木造2階建ての屋上に20畳のルーフテラスを付けるぞ!)1354access
京セラがPHS存続の敵に!「たった100bps」の通信網、京セラが免許不要の960MHz帯を使ったビジネスを全国展開へ(情報通信)1165access
ワイモバイルの修理対応は?AQUOS CRISTAL Y(402SH)を修理に出してDIGNO C(404KC)を借りてきた(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)1049access
ワイモバイルが下取りプログラム開始、iPhone、Galaxy、Xperia、Nexusが対応(ワイモバイル、PHS、ウィルコム)895access
ルーフテラスに置いている木製の机と椅子を水性塗料で塗り直してみた(木造2階建ての屋上に20畳のルーフテラスを付けるぞ!)856access

すべて見る

アプリ
インテル